Salesforce Einsteinとは何か?ビジネスにおける人工知能の革新

Salesforce Einsteinとは何でしょうか?現在、一部のビジネスの現場で活躍しているシステムだということは何となくはわかっています。

ただ具体的には、どのようなビジネスモデルなのかはあまり知られていません。

今回は、そんなSalesforce Einsteinのモデルがどのようなものなのかを紐解いていきます。

この記事を読んで、Salesforce Einsteinに一人でも関心を持ってくれたら安心です。

目次

Salesforce はどんな会社?

Salesforceとはどんな会社なのかご存じな方は、全国的には少ないかもしれません。

2023年春に行われたWBC(ワールドベースボールクラシック)で、日本の大谷翔平が東京ドームで本塁打を放ったのですが、その打球が自身の写真が掲載された看板に当たったことが話題になりましたが、その看板こそが「Salesforce」の広告でした。

そこで一躍知名度を上げたSalesforceですが、より多くの商談を成立させ、想像を超えたサービス体験を提供するためのクラウド型ソフトウェアを提供している企業です。特に営業支援システム(SFA)や顧客関係管理(CRM)などの機能が中心となっています。

Salesforceの顧客である企業に対し、マーケティングから営業へ有望なリードのみ提供して、受注後は顧客を理解した満足度が高いサポートサービスを提供できるように仕向けていきます。

Salesforce Einsteinとは?

Salesforceとは、営業支援システム(SFA)や顧客関係管理(CRM)向けのサービスを中心としたクラウド型ソフトウェアを提供している企業のことでした。

Salesforceが世界で初めてCRM向けの生成型AIを世に出したのが EinsteinGPTです。

ジェネレーティブAIを駆使して、すべてのSalesforceクラウドでパーソナライズされたコンテンツを作成、全従業員の生産性を高めます。

そして、OpenAIとの統合がおこなわれたことで、Salesforceの顧客にすぐに使用できる生成型AIの提供を可能としました。

EinsteinGPTは、SalesforceのAIモデルとパートナーであるエコシステムから生成されるAIテクノロジー、そして企業の全顧客のデータを取り入れ、リアルタイムデータを組み込みます。

EinsteinGPTを利用することで、顧客はデータをOpenAIのAIモデルに瞬時に接続が可能です。

そして独自の外部モデルを選択して、変化する顧客情報やニーズにリアルタイムで継続的に適合するコンテンツの生成が可能となるのです。

Salesforce Einsteinが提供するビジネス向けサービス

たとえばどのようなサービスをSalesforce Einsteinは提供するのか見ていきましょう。

EinsteinGPT営業

会議のスケジュール設定や管理、営業メールなどさまざまなメールの生成、そして、後日アポイントの顧客との対話の準備などの営業の準備段階での業務を自動生成します。

サービス用EinsteinGPT

過去の事案からナレッジ記事の生成をおこないます。各顧客ごとにまとめられたチャットの応答を自動生成して個別管理された素早いサービスインストラクションで顧客満足度の上昇を意識していきます

マーケティング向けEinsteinGPT

個別管理されたコンテンツを生成して、web、モバイル、メール、広告全体で顧客や見込み客全体を惹きつけます。

SlackCustomer360向けアプリ用EinsteinGPT

AIを取り入れたカスタマーインサイトをSlackで提供し、販売のチャンスのスマートなサマリーや記事の更新などを行います。

開発者向けEinsteinGPT

Salesforce特有の大規模言語モデルを活用してコードを生成、Apexなどの言語らを質問することにより、開発者の生産性アップにつなげます。

Salesforce Einsteinを活用してビジネスシーンで何ができるか?

Salesforce Einsteinがどういったサービスを提供するのかを紹介しました。それらを活用して、ビジネスシーンでどのような活躍の場が得られるでしょうか。

営業のためのマーケティングへの変革

営業が面談したい見込み客へ、マーケティングが見込み客一人ひとりの趣味嗜好に合わせたメッセージを送信します。

見込み客は、送信されたメッセージを開き、掲載された広告などをクリックすると営業チームへその旨を伝達するという効率的な営業スタイルを構築します。

商談成約に向けての情報とノウハウの蓄積

過去の面談履歴やキーマンの関心などの商談成約のために必要な情報を得られるとともに、商談を進めるための最適なタイミングをAIが自動通知します。

カスタマーサポートの充実で顧客満足度を上げる

カスタマーサポート部門全員で、顧客の問題解決に取り組みます。サポートメンバーは解決のための組織作りや必要な調査を即時に実行、結果、顧客満足度の高いチームを作ります

まとめ:顧客管理や営業支援はSalesforce Einsteinにまかせよう!

いかがでしたでしょうか。

今回は、Salesforce Einsteinは何なのか?を紐解いてきました。

Salesforce Einsteinは、ビジネスシーンにおいて、顧客へのアプローチから商談のための準備、顧客化、成約後の顧客へのフォローなどを一括でAIの力を利用して効率的に行うサービスだと理解できたのではないでしょうか。

Salesforce Einsteinのサービスは、現状の日本の中では、新鮮で画期的に感じるかもしれませんが、数年後には当たり前のことのように定着している可能性も否定できません。

後、生産性を高めて利益を追求しようと考える企業にとって、このビジネスモデルはとても参考になるに違いありません!

そんな大きな可能性を秘めているSalesforce Einsteinは今日も進歩を続けていくでしょう。

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次