Tableau CRMのパワー: Salesforce Einsteinでのデータ予測と可視化

Tableau CRMのパワー: Salesforce Einsteinでのデータ予測と可視化

Tableau CRMを活用した、CRM(顧客関係管理)が注目を集めています。

なかには導入を検討しているが、具体的にどんな機能があるか、メリット・デメリットを知りたい方もいるでしょう。

そこでこの記事では、Tableau CRMがどんなツールかや、メリット・デメリット、導入のポイントも解説します。

Tableau CRMの導入が合っているか、どうすればより有効活用できるかわかる記事です。ぜひ最後までご覧ください。

目次

Tableau CRMとは?

Tableau CRMとは?

Tableau CRMは、Salesforce CRMユーザーに実用的なインサイトとAI主導のアナリティクスを提供するCRM(顧客関係管理)ツールです。

以前からSalesforce Einstein Analyticsとして知られており、2019年にSalesforceがTableau Softwareを買収した後、Tableau CRMとしてリブランディングされました。

主な機能には、ユーザーがデータを可視化しダッシュボードを作成し、戦略を構築できる点があげられます。

AIを使用して過去と現在のデータに基づいて洞察と予測を提供し、企業が情報に基づいた意思決定を支援する強力な分析プラットフォームです。

企業はTableau CRMを使用して、大量のデータを分析し、将来のトレンドや予測ができます。

Tableau CRMはライセンスの種類によって価格が異なり、Tableau CRM Growthは月額15,000円、Tableau CRM Plusは月額18,000円で、いずれも年間契約が必要です。

Salesforce Einsteinとは?

Salesforce Einsteinは、SalesforceのCustomer Success Platformに統合され、スマートなCRMを実現するAIテクノロジーです。

CRMの課題を解決するために設計されており、最先端のディープラーニング、予測分析、自然言語処理を用いて、AIによる効率的な処理を可能にしています。

会話型インテリジェンスを用いて、セールスを正確に予測し、スピーディーなクロージングに導くためのリアルタイムデータを提供する機能が特徴です。

リード獲得からクロージングまで営業チームをサポートします。

データ予測と可視化の重要性

データ予測と可視化の重要性

データ予測と可視化は、企業にとって非常に重要な要素です。データ予測により、企業は将来のトレンドや需要を予測できます。

また、データ可視化により、データを視覚的に表現し、データの傾向やパターンをより明確に理解できます。

Tableau CRMのデータ可視化と予測機能の組み合わせは、データから洞察を得たい企業にとって重要なツールです。

Tableau CRMのメリット3つ

Tableau CRMのメリット

Tableau CRMのメリットは以下のとおりです。

  1. 高度なデータ予測機能
  2. 直感的なデータ可視化ツール
  3. Salesforceとのシームレスな統合

    上記のメリットを把握しておくと、Tableau CRMをより有効活用できるでしょう。

    高度なデータ予測機能

    Tableau CRMは、高度なデータ予測機能を提供しています。

    複雑なデータを簡単に理解でき、直感的に分かる仕様が特徴的です。

    機械学習アルゴリズムを使用して、過去のデータから将来を予測できます。これにより、企業はより正確な予測を行い、戦略的な意思決定ができるでしょう。

    直感的なデータ可視化ツール

    Tableau CRMは直感的なデータ可視化ツールであり、さまざまな種類のグラフを用いて綺麗で双方向性のあるデータを確認できます。

    データの可視化は、プログラミングスキルがなくても直感的な操作によって実現できます。

    Salesforceの機能と統合されており、AIを用いて有益な調査結果を提供します。Tableau CRMは、職種・業種を問わず誰でも簡単に扱えるでしょう。

    Salesforceとのシームレスな統合

    Tableau CRMは、企業とTableau CRMの間でより効率的なデータ統合を可能にし、Tableau CRMでデータをロードしたり準備したりする必要がありません。

    上記の準備がなくとも、SalesforceとTableau CRM両者のデータを統合し、より包括的な分析が可能です。

    Salesforceの他の機能との連携も容易にできます。

    Tableau CRMのデメリット

    Tableau CRMのデメリット

    Tableau CRMを利用する際のデメリットは以下のとおりです。

    1. 接続先の限定
    2. データ準備に時間が必要
    3. データ容量の制限

    上記のデメリットを把握していないと、Tableau CRMを有効活用しきれず、料金やリソースが無駄になる可能性があります。

    接続先の限定

    Tableau CRMは、Salesforceとの接続において、接続先のシステムにIP制限をかけている場合、接続が失敗する可能性があります。

    この制限はIPの適用範囲を決めて、セキュリティを強化するためです。

    企業が使用しているデータソースによっては、Tableau CRMを利用できない場合があるため注意しましょう。

    データ準備に時間が必要

    Tableau CRMを使用するためには、データの準備が必要です。

    データのクレンジングや整形など、事前の作業が求められます。準備しない場合、導入しても機能を十分に使えないでしょう。

    ほかにも、Tableau CRM側へのデータ受け渡し処理が追加されるため、リアルタイム処理ができません。

    データ容量の制限

    Tableau CRMは、データ容量に制限があります。

    Tableau CRMのデータ容量制限は1日あたりの100MBまでです。100MBを超えるデータ容量を利用する場合は、追加のデータ容量を購入が必要です。

    大量のデータを処理する場合、容量の制限により、一部のデータを削除が必要な可能性があります。

    ほかにもデータの行または列には制限がある点も注意しましょう。

    RAM、CPU、ディスク領域などのハードウェアリソースや参照元データソースの機能および制限などにより、行または列の制限が発生します。

    Tableau CRMの活用事例

    Tableau CRMの活用事例

    Tableau CRMの活用事例は以下のとおりです。

    • 営業予測の最適化
    • 顧客行動の分析と予測
    • マーケティングキャンペーンの効果測定

    上記の事例を把握しておくと、自社で活用する際に効果的な活用方法を選べるでしょう。

    営業予測の最適化

    Tableau CRMを使用することで、営業予測を最適化できます。営業分析を行い、売上強化に役立つ傾向や販売機会を見つけられるでしょう。

    時系列売上予測を使用して将来の予測も可能で、季節性の選択、最適なモデルの自動検出、信頼区間を追加可能です。

    SalesforceとTableau CRMを根幹のシステムとして活用できれば、経営判断のために定量データに基づいた最適化ができるでしょう。

    過去のデータを分析し、将来の売上や需要を予測することで、営業戦略を立てられます。

    顧客行動の分析と予測

    Tableau CRMを使用することで、顧客の行動を分析し、将来の行動を予測できます。

    営業チームが高度な分析を活用して、顧客の購入行動だけでなく、営業担当者の業績、製品タイプなどのデータを分析可能です。

    売上実績全体を追跡し、詳細に分析して顧客が商品から得られた経験を把握できます。いつ顧客の製品使用率が増加するかを特定し、顧客離れ対策だけでなく、さらなる売上アップに活かせるでしょう。

    顧客のニーズや傾向を把握し、より効果的なマーケティング戦略を立てられます。

    マーケティングキャンペーンの効果測定

    Tableau CRMを使用することで、マーケティングキャンペーンの効果を測定できます。

    Tableau BIダッシュボードを使用して、キャンペーンの効果を視覚化し、成功要因や改善点を把握可能です。

    マーケティング担当者はSalesforce Datoramaも使用し、マーケティングやキャンペーンの効果を測定できます。

    また、SalesforceキャンペーンとAccount Engagementキャンペーンを使用することで、効果測定が可能です。マーケティングキャンペーンの効果を測定し、改善点を把握できるでしょう。

    キャンペーンの成果やコストパフォーマンスを可視化し、効果的なキャンペーンを展開可能です。

    Tableau CRMの導入方法

    Tableau CRMの導入方法

    Tableau CRMの導入方法として重要なポイントは以下のとおりです。

    • データのクレンジングと準備
    • 可視化のための適切なデータ選択
    • ユーザー教育とトレーニングの重要性

    上記のポイントを把握したうえでTableau CRMを導入すると、事業により有効活用できるでしょう。

    データのクレンジングと準備

    Tableau CRMはデータ分析のための強力なツールですが、使用前にデータが適切にクレンジングされ、準備されているかが重要です。

    データクレンジングとは、分析のためにデータをクリーニングし、準備するプロセスです。不正確、不完全、または無関係なデータを削除または修正し、データ形式や値を標準化することが含まれます。

    Tableau CRMにはRecipeと呼ばれる機能があり、データ型や名前の変更、データの役割の推奨、削除、結合、集計、式フィールドの作成により、データクレンジングを支援可能です。

    データクレンジングのメリットは、分析精度の向上、生産性の向上、開発・保守コストの削減、高品質な顧客分析やCRMの実現などがあげられます。

    データの品質を向上させるために、不要なデータの削除や欠損値の処理などをしておく必要があります。

    可視化のための適切なデータ選択

    Tableau CRMは、データを可視化し、意思決定を助けるためのツールです。

    Tableau CRMは導入するだけでは有効活用できません。データを可視化するためには、データセットを作成し、適切なグラフやチャートを選択しましょう。

    適切なデータ選択には、データの種類、目的、視覚化する対象、視覚化する環境などが考慮されます。

      ユーザー教育とトレーニングの重要性

      Tableau CRMの導入方法において、ユーザー教育とトレーニングは非常に重要です。

      Tableauの教育計画には、役割に基づいた学習過程が含まれており、ユーザーの能力を高めるための柔軟かつ一貫性のある方法とされています。また、有料トレーニングコースなどのリソースも個別に利用可能です。

      Tableauの教育リソースを独自に整備する場合やトレーニングコースを個別に利用する場合、役割の割り当てを行い、柔軟な導入を計画しましょう。

      Tableauの教育機会は、講師によるプライベートのグループレッスンや、クラスルームでの学習などがあります。

      参考:Tableau 教育計画の策定

      Tableau 教育の役割の割り当て

      まとめ:Tableau CRMを有効活用する

      本記事では、Tableau CRMを詳しく解説しました。

      Tableau CRMを導入し適切な使い方をすると、必要なデータを可視化してCRMをより効率化できます。

      一方で導入にはメリット・デメリットがあるため、自社に合っているか注意して利用しましょう。

      Tableau CRMの機能や利用によるメリット・デメリットを知ったうえで、業務効率化に役立ててください。

      ChatGPT導入研修教材のご案内

      今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

      ✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
      ✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
      ✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

      詳細はこちらの特設ページから。
      助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!
      Random Image

      コメント

      コメントする

      目次