ある日の朝。突然、部長に呼び出され・・・

政府の助成金が最大75%支給を受けられる
ChatGPT導入研修教材が新登場

目的と受講者

本研修は、Chat GPTに関する知識を理解し、DX化に伴う活用能力を向上させることを目的としています。

研修方法

本研修は、LMS(ラーニングマネージメントシステム)によるEラーニングにより受講する事が出来ます。

受講者には、ログインに必要なIDおよびパスワードが割り当てられます。

研修時間と修了

本研修の標準学習時間は15時間となります。契約期間である2ヵ月間内であれば、分割して受講する事も可能 です。本研修は契約事業者の勤務時間内においてのみ、受講する事が出来ます。また、本研修で利用する LMSにより受講者の受講状況を把握し、修了したこととします。

ここまでのカリキュラムを学び、さらには応用編まで学ぶ、きちんと受講すれば、基礎編できちんとプロンプトを書けるようになり、

応用編まで理解できればノーコードで開発までは出来るようになります。

社内に1名、複数の開発者をおくことができればどうなるか?

様々な外注コストを抑えることができ、収益の向上につながります。

業務効率を大幅に上げることができます。

そしてこの教材は社員全体のリスキリング、スキルアップにつながり、福利厚生という意味でも非常に役立つものになることは間違いありません。

 

 

チャットGPT導入で実現すること

チャットGPTを企業の各部署で活用することで以下の様な成果が実際に出ています。

①カスタマーサポート

顧客からの問い合わせや質問に対して、迅速かつ的確に対応することができます。

製品やサービスに関する情報提供やトラブルシューティングの支援など、カスタマーサポート業務を強力にバックアップします。

②マーケティングサポート

顧客との対話を通じて、商品やサービスに関する情報を効果的に提供します。

顧客の関心や好みに合わせて、パーソナライズされた情報を提供することができます。

③会計データの分析

会計データの解析を行い、重要な傾向やパターンを抽出します。

特定の財務指標やトレンドの分析、予測モデルの構築など、データに基づく意思決定をサポートします。

④文書要約及び資料作成

大量のテキストデータを効率よく処理し、主要なポイントを抽出して簡潔な要約を作成します。

議事録、ビジネス文書、レポートの要約作業を助けます。

この修正では、より簡潔で直接的な表現を使用して、情報を分かりやすく伝えるようにしています。

⑤社員アシスタント

大量の情報を学習しているため、特定のトピックに関する質問に対して24時間体制で適切な回答を提 供することができます。

ビジネス関連の情報検索やFAQ(よくある質問)に対する回答、適切なメー ル文章などを迅速に提供することが可能です。

⑥トレーニングと教育

従業員との対話を通じて質問に答えたり、教材の説明や補足情報を提供したりすることができます。

個別の学習ニーズに合わせたカスタマイズされた教育体験を提供します。

⑦タスク自動化とワークフロー最適化

チャットGPTは、繰り返し行われるタスクの自動化に役立ちます。

例えば、サポートデスクでは、よく問い合わせられる質問に対してチャットGPTが自動で回答することで、サポート担当者の負担を軽減し、迅速な対応が可能となりました。

また、ワークフローの最適化にも応用されており、チャットGPTが業務の進捗状況を自動的に把握し、遅延の可能性を早期に通知することで、プロジェクトの効率性を向上させています。

⑧知識共有と社内コミュニケーションの強化

社内で蓄積された大量の情報を効果的に共有する手段としてもチャットGPTが活用されています。

例えば、社内FAQをチャットGPTが運用し、従業員が簡単に必要な情報を取得できるようになりました。

さらに、プロジェクトチーム間のコミュニケーションを円滑にするため、チャットGPTが会話を自然に補完することで、情報共有と連携が向上しています。

 

ChatGPT導入成果事例

既に世界中の多くの企業で圧倒的な成果となって現れています。
ここでは日本国内の3社の導入事例を紹介します。


① パナソニック


パナソニックコネクトはチャットGPTをベースに開発した独自の「コネクトAI」を全社に導入していて、プログラミング業務でこれまで3時間かかっていたものを5分で処理できるようになるなど、想定以上の成果を確認しました。


②サイバーエージェント


サイバーエージェントでは自社開発のデジタル広告制作支援システム「極予測AI」を使い、新たにつくったバナー広告の内容をAIが解析して広告効果の予測値を算出。既に配信しているバナー広告のうち広告効果が最も高いものと予測値を比較し、上回ったものを配信する体制を構築しました。既にサイバーエージェントの顧客企業の8割に、同システムを使ったバナー広告を納入しているといいます。ChatGPT導入で、サイバーエージェントでは30人以上いたディレクターがゼロに。


③日清食品


日清食品では、いち早く社内専用のChatGPT環境「NISSIN AI-chat」を開発・導入し、1人当たり年間442時間の工数削減を見込んでいます。

社内公開以降、とくに集中して取り組んできたのが営業分野での活用促進。商談内容の要約や資料の構成案の作成、マーケット情報の報告書の作成、エンタメ企画の検討、テーマ性のある売り場提案、プレゼンのスクリプト作成など、30個のテンプレートを仕事に活用すると、営業担当者1人当たり年間442時間の業務時間削減が期待できるとの見通し。

アウトプットの質の向上で顧客満足度を底上げし、社員の心理的負担を軽減する効果も期待。


中小企業にこそチャットGPTは最重要


今回は大企業の導入事例を3社紹介していますが、チャットGPTにより業務効率化を行える部分は非常に幅が広いです

チャットGPTを活用することで、人手不足や業務改善・コスト削減が実現します。

 

日本政府は人的資本の情報開示義務化を要請

日本政府は、2023年3月期決算以降、大手企業4000社を対象として人的資本の情報開示義務化を要請しました。

人的資本の情報開示義務化とは、発行する有価証券報告書に人材への投資額や従業員満足度などの人的資本に関する情報を記載して、ステークホルダーへの公開を義務付けることです。

この動きは、今後大企業だけではなく、中小企業にも求められ、従業員のスキルアップをしていない会社との取引を控えたり、金融機関からの借り入れなどにも影響を及ぼすようになるのではないかと言われてます。

生成AIは今のところ「特殊技能もち」と「その他大勢」の差を広げるツール 

生成AIは今のところ「特殊技能もち」と「その他大勢」の差を広げるツール」という記事を読んだ時、まさにその通りだと実感をしています。

日本のほとんどの企業では、まだチャットGPTを利用していませんし、利用していても浸透していません。

しかし、利用し尽くしている会社、社員にとっては本当になくてはならないものになっています。

これにより、同業種間の企業の収益格差及び効率が時間とともにありえないほどに開くことになり、淘汰が進むことになると考えられます。

” チャットGPTを使いこなさなければ負け企業になってしまう!” という点を企業経営者、幹部の方は誰もが理解をしなければいけません。

 

ChatGPT導入研修教材について

ChatGPT導入研修教材はログイン後に下記のような画面で動画を順番に見ながら実際に学習していく形となっております。

また研修がすべて修了後には、「修了証」が発行されます。

再生速度も自由に選択可能。また、再生した場所を自動で記録するので都合の良い時に学習が可能です。


さらに、具体的な使い方については下記の動画をご覧ください。

下記が実際のChatGPT導入研修教材の内容です。

<基礎編のカリキュラム内容>

<応用編のカリキュラム内容>

しかし、利用し尽くしている会社、社員にとっては本当になくてはならないものになっています。

 

 

プロンプト実例

チャットGPTは、ビジネスプロセスを革命的に向上させる可能性を秘めています。

疑念を払拭するために、以下のいくつかのプロンプトをご覧頂き、ChatGPTからの回答も合わせてご確認ください。

詳しい使い方は下記の動画をご覧ください。


事例① 新規事業に対してチャットGPTにアドバイスをもらう



事例② 国や地方自治体の支援制度を探す



事例③ 販売促進のためのアイデアをチャットGPTからもらう


ぜひ、同じ形でご自社の課題やニーズに合わせて、チャットGPTに指示を出してみてください

チャットGPTは、これらの課題に対する解決策を提供し、
業務プロセスをスマートかつ効率的に進化させるお手伝いをいたします。

それをすべて社内でできるようになる仕組みが”ChatGPT導入研修教材”です。

 

 

費用について

AI教育教材の種類は2種類となります。

それぞれの価格は税込400,000円ですが、
このうち300,000円ずつは政府の助成金※が出ますので、
実質負担は両方合わせて20万円となります。

※中小企業に該当する場合となります。詳しくは「中小企業主について」をご覧ください。

1教材あたり負担額は10万円のみとなります。(2教材の場合は20万円)


■中小企業主について

個人事業主で従業員を雇っている場合でも、
雇用保険に加入していれば対象となります。
(雇用保険加入者数の条件が中小企業の規模に該当する場合に限ります)

資本金等を持たない事業主は「B 企業全体で常時雇用する労働者の数」に よって判断します。

詳細:中小企業事業主の範囲

 

 

助成金申請の流れ

申請に面倒な助成金につきましては、申し込みフォーム入力後に専門の法律事務所が丁寧に教えてくれ、申請から助成金の給付までの手続きをしっかりサポートしてくれますので、初めての助成金申請をする方でも安心です。

研修申し込み後の、受講の流れ、及び助成金申請のサポートについては、
サポートを行う弁護士事務所の担当者よりご説明の電話を致します。

 

 

ChatGPT導入研修教材

政府の助成金が最大75%支給

助成金活用で実質負担はそれぞれ最大10万円のみ

Chat GPT基礎編:40万円→10万円
Chat GPT応用編:40万円→10万円

 

よくある質問

Q:ChatGPT初心者でも学べますか?

はい、誰にでも分かりやすい言葉で説明しており、どういう風に使っていけばいいのか?そのあたりまですべてお見せしておりますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

Q:ChatGPT導入研修とは何ですか?

ChatGPT導入研修は、ChatGPTの基本的な使い方からプロンプト(指示の出し方)を誰でも分かりやすく設計された研修です。

Q:ChatGPT導入研修はどのようなデバイスで利用できますか?

ChatGPT導入研修は、スマートフォン、タブレット、コンピューターなど、インターネットに接続されたデバイスで利用できます。

Q:学習期間はどの程度掛かりますか?

本研修の標準学習時間は15時間です。1日1時間学習した場合は、15日間程度で修了可能です。閲覧期限は2ヶ月となりますので、その間であれば何度でも閲覧・復習が可能です。

Q:人材開発支援助成金とは何ですか?

「人材開発支援助成金」とは、企業や団体が従業員のスキルアップや教育訓練を行うための助成制度の一つです。この助成金は、厚生労働省が主導しており財源は雇用保険から支払われます。企業や団体が労働力の能力向上やキャリア開発にかかった費用の最大75%を支援してもらえる制度です。

Q:お支払い方法はどんな方法ありますか?

銀行振込及び法人クレジットカード払い※にも対応となります。

※なお、カード決済の場合、カードを決済した日ではなく、実際にその額が法人口座から引き落とされた日をもって支払い日となります。
引き落とし確認が取れないと助成金の申請ができませんのでご注意ください。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:03-4446-2070
営業時間:平日10:00〜18:00(土日祝日、年末年始を除く)