ChatGPTの導入事例4選!メリットや注意点、活用方法も紹介!

記事のアイキャッチ

近年急速に発展しているAIの代表例ChatGPTですが、

「名前は知っているが何をする物か知らない。」
「ChatGPTを使うとどんなことができるの?」
「ChatGPTを使うとどんなメリットがあるの?」

こんなことを思う方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、ChatGPTの特徴に迫り、メリットや注意点、活用法を4例を解説し、企業のChatGPT導入事例4選を紹介します。

最後まで読んでChatGPT導入の参考にしましょう。

目次

ChatGPTとは

まずChatGPTとは何でしょうか。ここでは

  • ChatGPTについての紹介
  • できること・できないこと

について解説します。

1:ChatGPTとは

ChatGPTは、OpenAIによって開発された先進的な自然言語処理技術を搭載したチャットボットです。

この技術の基盤となるのはGPT(Generative Pre-trained Transformer)モデルであり、膨大なデータセットから学習された言語生成モデルです。

ChatGPTは、人間のような自然で流暢な文章を生成し、質問応答、文章生成、会話など、様々なテキストベースの業務に対応できます。

その柔軟性と多様性から、ビジネスや個人のコミュニケーションに幅広く利用されています

要するに、ChatGPTは次世代のチャットボットであり、言語処理の分野において驚異的な進化を遂げています。

より詳しい情報は以下の記事に掲載してあります。ご参照ください。

あわせて読みたい
ChatGPTとは?初心者でもわかりやすく解説 米国OpenAI社が2022年11月30日にリリースし、瞬く間に話題となった「ChatGPT」。 いまだに使ったことがない方やChatGPTがなにか分からない方もいるのではないでしょうか...

2:ChatGPTでできること

ChatGPTはテキストベースの対話において驚くほど多くの作業をこなせます。

例えば、質問応答や文章生成、会話などが挙げられます。

その優れた柔軟性と汎用性により、ビジネスや個人利用においてもさまざまなシナリオに適用可能です。

文脈を理解し、適切な応答を生成する能力は、ユーザーとの自然で効果的なコミュニケーションを可能にします

ChatGPTは、自動応答システムや情報生成など、広範な領域で革新的なアプローチを提供しています。

3:ChatGPTでできないこと

ChatGPTには一定の制約が存在します。

複雑な作業や専門的な知識が必要な場面では限定的であり、特定の文脈や背景を理解する難しさがあります

また、一度の対話で完全な理解が難しいため、長い対話や深い議論には向いていません。

さらに、プログラムやコードの生成においても、特に高度なプログラミング業務には対応できないことがあります。

れらの制約を理解し、ChatGPTの利用を適切に調整することが重要です。

ChatGPTを導入するメリット

ChatGPTでできることの説明

ここではChatGPTを導入するメリットについて、

  • 労働力の解消
  • 人件費の削減
  • 本来の業務に注力

の3点を解説します。

メリット1:労働力不足を解消できる

ChatGPTの活用法の一つとして、労働力不足を解消できるメリットが挙げられます。

例えば、カスタマーサポートやオペレーター業務において、ChatGPTを導入することで、大量の同時要求に対応しやすくなります。

これにより、従来の人手不足による対応の遅れや負担を軽減し、迅速で効率的なサービス提供が可能となります

また、繰り返し業務やFAQへの対応においても、ChatGPTが自動的に適切な回答を生成することで、人員をより高度な業務に集中させることができ、全体の生産性向上に繋がります。

メリット2:人件費を削減できる

人件費を削減できるメリットは、ChatGPTの導入により企業が経済的な利益を得る重要な要素です。

例えば、カスタマーサポートや問い合わせ対応にChatGPTを導入することで、人的リソースの節約が可能です

自動応答システムが一部の一般的な質問や簡単な業務を処理するため、人員がより複雑で専門的な業務に集中できます。

これにより、効果的に人員を運用し、同時に必要な人数を最小限に抑えることができます。

メリット3:文章作成の時間の削減で他の業務に注力できる

文章作成の時間の削減で他の業務に注力できるメリットは、ChatGPTが効率的なコンテンツ生成を可能にし、従業員が他の重要な業務に集中できるようになる点にあります。

例えば、文書作成やプログラミングにおいてChatGPTを活用することで、煩雑な表現やコーディングの手間を軽減し、作業効率を向上させます。

なお、メリット・デメリットは以下の記事でも解説しています。ご参照ください。

あわせて読みたい
ChatGPTのメリット・デメリットを解説 IT業界の急成長により、様々なAI技術が進化する中、最近注目を集めているのがChatGPTです。 ChatGPTは、チャットで質問をするとすぐに回答を提供してくれるAIで、2023年...

ChatGPTを使用する際の注意点

 

メリットについて知ることが出来ました。次にChatGPTを使用する際の注意点について、

  • 回答の精度が低い
  • プライバシーに関わる情報を学習してしまう
  • AIへの聞き方によって回答の精度が異なる

の3つについて解説します。

注意点1:回答の精度が低い

ChatGPTの一つの注意点は、回答の精度が低い可能性があることです。

モデルは大量のデータから学習するため、特定の文脈において不正確な情報や誤った推論を含む回答を生成することがあります。

特に専門性の高い分野や正確性が重要な情報においては、検証が必要です。

ユーザーは生成された回答を慎重に検証し、必要に応じて専門家の意見や正確な情報源と照らし合わせることが求められます

ChatGPTの利用に際しては、限定的な信頼性と注意深い検証が欠かせません。

注意点2:プライバシーに関わる情報を学習してしまう

もう一つの注意点として、プライバシーに関わる情報を学習してしまうことが挙げられます。

モデルは膨大なデータから学習するため、ユーザーからの入力に含まれるプライバシーに関わる情報を記憶する可能性があります。

企業や個人がChatGPTを使用する際には、機密情報や個人データの取り扱いに慎重であるべきです。

専用のデータセキュリティ対策やプライバシーポリシーの整備が不可欠であり、ユーザーは機密性が影響を受けないように注意する必要があります

ChatGPTの利用にあたっては、プライバシー保護の観点から十分な対策と監視が求められます。

注意点3:AIへの聞き方によって回答の精度が異なる

AIへの聞き方によって回答の精度が異なることは、ChatGPTを効果的に活用する上での重要な視点です。

特に、最新のモデルである「GPT-4」は高い文章精度を誇りますが、その精度はユーザーが与えるプロンプトに依存しています。

また、プロンプトの選択や構造が、AIの回答に大きな影響を与えます

ユーザーが「本来ほしいと思う出力文」を引き出すためには、相応のプロンプト研究が欠かせません。

企業の担当者が日々の忙しさの中で時間を割くことが難しい場合でも、最適なプロンプトを見つけ、試すことが成功の鍵となります。

ChatGPTの活用法3例

ChatGPTの活用法はどんなものがあるでしょうか。ここでは活用法の例として

  • メールの文章作成
  • 商品やサービスの紹介文作成
  • プログラミングコードの作成

の3つを紹介します。

例1:メール文章作成

ChatGPTは自然な言葉での文章生成に優れ、専門的なメールを素早く構築できます。

特にフォローアップや感謝のメッセージなどの定型的なコミュニケーションにおいて、簡潔で適切な表現を提供します

これにより、メール作成にかかる時間が短縮され、従業員は他の業務により集中できるようになります。

ただし、感情表現や重要なコミュニケーションにおいては、最終的な確認が必要です。

例2:商品やサービスの紹介文作成

ChatGPTの活用例として、商品やサービスの紹介文作成は非常に有益です。

企業はChatGPTを利用して、新製品やサービスに関する魅力的で効果的な紹介文を迅速に作成できます。

ChatGPTは多岐にわたる表現やスタイルに対応し、企業のブランドイメージに合致した文章を提供します

これにより、マーケティングチームは手軽かつ迅速に、効果的な商品やサービスのプレゼンテーションを実現できます。

例3:プログラミングコードの作成

プログラミングコードの作成もChatGPTの代表的な活用法です。

ソフトウェア開発は複雑で労力を要する業務であり、ChatGPTを導入することで開発過程の効率化を図ることができます。

ChatGPTは自然言語生成の能力を駆使し、ユーザーが質問や要望を自然な言葉で入力すると、対応するプログラミングコードを生成します。

これにより、コーディングに不慣れな方でも、簡潔で動作するコードを作成することが可能です

ただし、複雑なアルゴリズムやセキュリティに関わるコードにおいては、専門的な知識が必要となるため、生成されたコードの確認とテストは欠かせません。

ChatGPTの導入は開発過程を効率化する手段として非常に有望であり、柔軟かつ効果的なコーディング支援に繋がります。

ChatGPTの導入事例4選

ChatGPTの導入は様々な分野で注目を集めています。ここでは、ChatGPTの導入した具体的な事例を紹介します。

事例1:伊藤忠商事

伊藤忠商事はChatGPTを全社員に導入し、生成AIを活用した業務変革と新規ビジネス開発を模索しています。

生成AI研究ラボを設立し、ブレインパッドと協力してChatGPTの活用を検証して2023年7月25日に全社員への導入を決定しました。

ChatGPTは議事録の作成や文章の要約、調査業務などで活躍し、業務効率を向上させています

この導入により、伊藤忠商事はChatGPTを戦略的なツールとして位置づけ、業務プロセスの革新を果たしています。

事例2:みんがく(オンライン学習サービス)

オンライン学習サービス「みんがく」はChatGPTの導入により、生徒に対して革新的な学習経験を提供しています。

ChatGPTは質問応答や複雑な概念の説明に活用され、生徒がリアルタイムでサポートを受けられる環境を構築しました。

ChatGPTが個別な進捗管理や最適な学習コンテンツ提供にも活用され、生徒たちは自己主導的かつ効果的な学習が可能です。

ChatGPTの柔軟性と即応性が、みんがくをオンライン学習のトッププラットフォームに押し上げています。

事例3:LINE公式アカウント

LINE公式アカウントもChatGPTを導入しており、ユーザーが質問や疑問をLINE公式アカウントに送信すると、ChatGPTがこれに応じて的確な回答を生成します。

また、ChatGPTは常に学習し進化するため、日々のデータをもとにユーザーにより適切で魅力的な情報を提供することができます。

LINE公式アカウントのChatGPT導入は、企業からの大量のメッセージにも拡張性を持って対応できるメリットもあります。

同時に複数のユーザーとの対話を円滑に処理し、個人に向けて最適化されたサービスを提供することができます。

事例4:サイバーエージェント

サイバーエージェントは、「ChatGPTオペレーション変革室」を設立して、デジタル広告運用の時間削減を計画しています。

ChatGPTを広告オペレーションに組み込み、社内コミュニケーションを効率化し、月間23万時間の作業時間のうち30%に相当する約7万時間の短縮を目指しています。

メディアや広告事業において、ChatGPTの活用を通じて作業効率の向上に注力しています。

まとめ

本記事を参考にして、ChatGPTの特徴をうまく掴みましょう。

単にChatGPTと言っても、使用方法は様々です。ご自身のビジネスでも、ChatGPTのメリットを活かせるような活用をしましょう。

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次