ChatGPTとは?初心者でもわかりやすく解説

米国OpenAI社が2022年11月30日にリリースし、瞬く間に話題となった「ChatGPT」。

いまだに使ったことがない方やChatGPTがなにか分からない方もいるのではないでしょうか。

本記事では、ChatGPTの基礎的な知識を初心者にもわかりやすく解説します。

目次

ChatGPTとは?ChatGPTとはそもそも何なのか?

ChatGPTとは、2022年11月にアメリカのOpen AI社が公開した「 AIチャットボット」のことです。

簡単に説明すると、会話形式でやり取りができるチャットサービスです。その人気は驚異的であり、公開してわずか2ヶ月でユーザー数が1億人を突破しました。

この急速な成長は、多くの人々がChatGPTの幅広いタスク処理能力と使いやすさを高く評価していることを示しています。

参考:日本のChatGPT利用動向(2023年4月時点)

ChatGPTの料金形態

現在、ChatGPTは無料で使用できます。無料版でも十分ですが、月額20ドルの有料版ではより精度の高い回答を得ることができます。

ChatGPTを頻繁に利用する方や、より高度なタスクや専門的なニーズに対応したい方は、有料版を検討してみても良いでしょう。

ChatGPTのできること

ChatGPTは単に質問に答えてくれるだけではありません。文章の校正やアイディアの創出・翻訳など、さまざまな使い方ができます。

ChatGPTのおすすめの使い方については後程ご紹介します。

ChatGPTのはじめ方

ChatGPTのサイトは英語表記なので、初めて使う方は躊躇するかもしれません。以下では、ChatGPTのはじめ方を順を追って説明します。

アカウントの作成

まず、アカウントの作成をしましょう。

①「TryChatGPT」をクリック

ChatGPT公式サイトへ行き、「TryChatGPT」をクリックしてください。

※画像をクリックすると拡大できます。

引用:ChatGPT公式サイト

②「Sign up」をクリック

アカウントの新規作成は「Sign up」をクリックしてください。

③メールアドレスを入力

メールアドレスを入力し、「Continue」をクリックしてください。

④パスワードを入力

8文字以上のパスワードを作成し、「Continue」をクリックしてください。

⑤メールアドレスの認証

メールアドレス登録後、届いたメールからプロフィールと電話番号を入力します。電話番号に届く6桁の認証コードを入力したら、アカウント作成は完了です。

引用:ChatGPT公式サイト

ChatGPTの使い方

アカウント登録が完了すると、以下のような画面に遷移します。


使い方はとても簡単で、「Send a message」にテキストを入力して送信するだけです。

とはいっても、どのような質問や指示をすればいいのかわからない方も多いでしょう。

以下では、ChatGPTのおすすめの使い方をシーン別にご紹介します。

ChatGPTで何ができる?

ChatGPTでは具体的に何ができるのでしょうか。以下では、チャットGPTでできることを紹介します。

チャット形式で質問に応答

ChatGPTでは、テキストボックスに質問やコマンドを入力することで自然な会話ができます。

インターネット上の情報をもとにAIが回答するため、些細な情報収集も可能です。

資料のひな形作成

 

コマンドを入力することで、資料の作成も可能です。

ワードやエクセルで文章を作成する負担が減り、作業効率化を図ることができます。

翻訳・会話練習

ChatGPTでは、自然な文章での翻訳もできます。

また、英語で話しかけたりテキストボックスに英語を入力することで、英会話練習も可能です。

完璧な翻訳や会話の実現は保証できませんが、日常会話程度であれば十分に役立てることが期待できます。

就職面接の練習

企業の情報や自身の経歴などを入力することで、面接を想定した質問内容やロールプレイングなどができます。

隙間時間を使って就職面接の練習がしたいときも簡単に始められるでしょう。

ChatGPTのメリット

ChatGPTでできることが多いように、ChatGPTを利用することで様々なメリットを得ることができます。

以下では、ChatGPTのメリットを紹介します。

無料で利用できる

ChatGPTは無料で利用できます。

ChatGPTの最大限に活用すれば、コストをかけずにビジネスや学習の生産性を向上させることが可能です。

より精度の高いChatGPT-4は月額20ドルの課金が必要ですが、無料版でもさまざまな使い方ができます。

業務を効率化できる

ChatGPTでは業務の効率化が可能です。

人手を必要としていた作業を、ChatGPTを活用すれば手間をかけず行うことができます。

リソースに余裕ができれば他の業務に人員を割けるため、現場の生産性を向上しやすくなるでしょう。

多角的な情報が得られる

ChatGPTはインターネット上の膨大なデータをもとに回答を生成するため、多角的な情報を得ることができます。

ネット検索に比べて多くの情報を一気に取得できるため、スピーディな情報収集が可能です。

作業を補助してくれる

作業で補助が必要なときには、ChatGPTの回答を得ることで解決できることがあります。

例えば、企画のネタが思い浮かばないときなどにChatGPTに相談すれば、新しいアイデアやヒントを貰えます。

ChatGPTのデメリット

ChatGPTにはメリットが多い一方、デメリットも存在します。

利用する上ではデメリットをあらかじめ理解しておく必要があるでしょう。

以下では、ChatGPTを利用するデメリットを紹介します。

情報に誤りがあることがある

ChatGPTの情報はすべて正確とは限りません。インターネット上のデータには誤った情報が含まれるためです。

そのため、ChatGPTから得た回答を全て鵜呑みにすると、誤った情報を利用するリスクもあるため注意が必要です。

ChatGPTを使う場合は、情報を精査できるスキルを身につけることが求められるでしょう。

専門性の高い分野の質問は苦手

ChatGPTはインターネット上のデータをもとに回答するため、知識を持つ人が限られているような専門性の高い分野は苦手です。

そのため、対応できる領域は限られていると言えるでしょう。

セキュリティ上の注意が必要

ChatGPTは質問内容でも学習しているため、個人情報や機密情報が質問内容に含まれていると情報漏洩につながるリスクがあります。

他者に開示するべきでない情報は、ChatGPTには絶対に書かないよう注意しましょう。

思考力が低下する恐れがある

ChatGPTに頼りすぎると、本来の思考力が低下する可能性もあります。

自分が考える代わりにChatGPTが答えを出してくれるためです。

簡単な操作で最適な答えを導き出せるため、なにかとすぐ頼りたくなるでしょう。

ChatGPTに依存しすぎず、あくまで補助的なツールとして活用することが大切です。

ChatGPTの今後の可能性

機械学習技術の発展や性能の向上により、ChatGPTは今後より精度が高まることが期待できるでしょう。

そのぶん、応用範囲も広がるかもしれません。

実際、ChatGPTを使用したカスタマーサポートシステムの導入を発表した企業もあります。

ChatGPTの機能を幅広い領域で活用し、新たなビジネスモデルの展開プライベートの学習にも期待できるでしょう。

また、ChatGPTの懸念点であるセキュリティ問題に関しても、高度なセキュリティ技術が今後組み込まれるかもしれません。

そうなると、ChatGPTの扱う情報も信頼性が高まるため、利用できる範囲はより広まると期待できます。

まとめ:ChatGPTを理解してビジネスや学習に役立てよう!

ChatGPTでできることやメリット・デメリットなどを解説しました。

チャット形式で簡単に情報収集や文章の作成ができるChatGPTは、ビジネスからプライベートまで幅広い使い方ができるとわかります。

ただ、情報が不正確である点とセキュリティ面で注意が必要なため、工夫して使用することが大切です。

誰でも簡単に使用できるAIチャットツール。仕事や勉強に活用してみてはいかがでしょうか。

ChatGPTのおすすめの使い方はこちら↓

あわせて読みたい
ChatGPTはこう使う!おすすめの使い方をシーン別にご紹介 本記事では、ChatGPTのおすすめの使い方や使用する上での注意点をご紹介していきます。 ChatGPTの利用方法がわからない方々にとって、必読の内容となっていますので、ぜ...

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次