AIリテラシーはなぜ必要?社内に浸透させる方法をわかりやすく解説

日常業務からサービス、教育現場など幅広い場面でAI技術が使われるようになりました。

DX推進も企業にとって大きなテーマとなりつつあり、AIの活用はより注目を浴びています。

しかし、AIに対し間違った認識を持つ人も多く、AIリテラシーを身につけることが求められます。

本記事では、AIリテラシーの概要や必要な理由、社内に浸透させる方法を解説します。

目次

AIリテラシーとは?

AIリテラシーとは、AIに関する正しい知識と、AIを適切に利用する能力を身につけることを意味する言葉です。

現在のAIは、ロボットや医療分野などにも活用が始まっており、さらに少子高齢化、地方の過疎化、企業の人材部足など、あらゆる社会課題の解決が期待されています。

そんなAIですが、まだまだ正しい知識が浸透しているとは言い切れない部分もあります。

AIの活用が広がる中、正しい知識を身につけてAIを適切に活用するためのAIリテラシーを身につけることは現代を生きる人たちの大きな課題です。

AIリテラシーが必要な理由

以下では、AIリテラシーが必要とされる理由を解説します。

AIの正しい知識を身につけるため

AIリテラシーが必要とされる大きな理由の一つとして、AIの正しい知識を身につけるということが挙げられます。

AIを正しく理解しておくことで、適切な方法でAIの導入がしやすくなるためです。

AIIの基礎となる概念をはじめ、AIのしくみ、AIを支える技術の理解も求められます。

「機械学習」や「ディープラーニング」、「ニュートラルネットワーク」などです。

AI技術やそれらを支える技術を理解して使いこなすことが、適切な形で業務に取り入れることができるようになるでしょう。

AIの正しい応用方法を身につけるため

AIをビジネスで応用し最大限に効果を発揮するためには、AIリテラシーが必要不可欠です。

さまざまなメディアで活用事例が紹介されていますが、どのようなかたちでAI技術を取り入れるべきかは、業界や業種により異なります。

AIを業務やサービスに取り入れる中で、どこまでAIに任せられるかという点やどんな効果が見込めるかという点は、AIリテラシーがあることで正しく判断できるでしょう。

AIの問題点を知るため

AIを正しく活用するためには、AIが抱える問題点を理解しなければいけません。

「AIは優秀」「AIの情報は正確」などの思い込みをしている人も中にはいます。

しかしAIは万能ではなく、できること・できないこと、そして学習させなければいけないこともあります。

これを理解できていないと、業務をAIに丸投げして重大なミスが発生する可能性もあるのです。

実際、AIの問題点を理解せず「とにかくAIを使えば業務効率化できる」と考えてやみくもに考えて導入し、失敗に終わるケースもあります。

AIリテラシーが不足しているとどうなる?

AIリテラシーが不足していると、業務の生産性の低下や重大なトラブルの発生につながる可能性があります。

AIリテラシーが不足した現場では、社員がAIツールを使いこなせずに業務が停滞したり、業務をストレスに感じて社員の意欲が低下したりすることが挙げられるでしょう。

また、AIリテラシー不足でAIの構造が理解できていないと、AIを誤った方向に使用したり、AIに誤った情報を学習させてしまうこともあります。

例えば、ECサイトのAIチャットボットが顧客に対して誤った情報を提供すると、金銭的なトラブルにもつながるでしょう。

このように企業の不利益となる事態も未然に防ぐためにも、AIリテラシーは必要とされます。

AIリテラシーを浸透させるためには?

AIリテラシーは、AI技術を活用するすべての人にとって必要なことがわかりました。

以下では自社にAIリテラシーを浸透させるための方法を解説します。

社員のAIリテラシーがどの程度かを把握する

最初の段階として、社員のAIリテラシーがどの程度か把握する必要があります。

社員の現状を分析することで、どのようにAIリテラシーを浸透させていくべきか方向性を決めやすくなるためです。

業界や業種によっても、どこまでのAIリテラシーが身についているかは異なるでしょう。

例えば、普段からITツールを使いこなす部署とそうでない部署では、学ぶべきが変わるかもしれません。

社員の現状を踏まえてAIリテラシーの浸透を図る必要があります。

AIリテラシー教育を取り入れる

AIリテラシー教育は、AIリテラシーを社内に取り入れるために非常に効果的です。

AIの基礎知識から応用方法まで幅広い内容を学ぶことができます。

ケーススタディを中心に、実際の企業課題やデータを用いて学ぶ実践的且つ具体的な内容であることがポイントです。

また、AIについて教育は多くの専門用語や知識を学習することとなります。

概念を理解するのが難しい点もあり、IT技術に触れる機会がない人にとっては学ぶ前から苦手意識を感じることもあります。

社員の現状に合わせて、楽しく学べる参加型の研修を選ぶなど、AIリテラシーが浸透しやすい教育の形式の選択も重要です。

階層別にAIリテラシーを学ぶ

階層別で求められる業務内容が違うように、AIリテラシーも異なる観点で学ぶことが求められます。

例えば、新入社員はAI技術に関する基礎知識とAIを活用した課題解決の方法は学習しておきたいポイントです。

既存社員は、基礎的な知識・スキルに加えて応用方法や開発方法など実践的な内容も求められます。

さらに管理職は上記の習得に加え、AI人材をマネジメントする立場として、啓発・意識向上を図る方法を身につける研修が望ましいでしょう。

AIリテラシーの教育で学べること

以下では、AIリテラシー教育で学べることの一例を紹介します。

AIの基礎知識

AIを活用する上で必要不可欠な基礎知識です。

基本概念やAIを構成する仕組みなどを具体的に理解し、AIを効果的に活用する基盤を作り上げます。

社会での活用事例

他社での事例を含め、社会での活用事例や得られた効果を知ることで、自社でのAI活用の参考になります。

機械学習・深層学習

AIを支える技術について学びます。

AIとの関連性や仕組みをより深く学び、技術の応用やリスクマネジメントにつなげることができます。

AIに関わる最新情報

AI技術は日々進歩しており、精度の向上や活用方法の幅の拡大が期待されています。

最新情報を取り入れることで、新しいアイデアによる業務改善やビジネスチャンスの拡大につなげることができるでしょう。

DXにAIリテラシーは必須

デジタル技術を活用してビジネスモデルや業務プロセスに変革をもたらすDX(デジタルトランスフォーメーション)に、AIリテラシーは必要不可欠です。

画像認識や音声認識、自然言語処理などを始めとしたAI技術の活用は、DXにも大きく関わります。

AI技術を活用するためには、AIの強みやを苦手分野を正しく理解してうまく付き合うため、AIリテラシーを身につけることが求められているのです。

DXを推進する企業にとって、社員へのリテラシー教育は、今後ますます重要な課題となっていくでしょう。

まとめ:AIリテラシーを身につけてDXを実現しよう

さまざまなシーンでAI技術が取り入れられる中、AIリテラシーは一人ひとりが身につけるべきであることがわかりました。

DXを進めて企業の競争力を高めていくためにも、社員へAIリテラシー教育を実施し、浸透させていくことが求められます。

AIリテラシーを身につけ、企業の成長や業務改善につながるようAIと付き合っていきましょう。

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次