Google Bardが変わる!Geminiによるパーソナライズされた文章学習の手順【記事紹介】

 

タロウ君
GeminiっていうのがGoogle Bardに革命を起こすらしいにゃ!

でも、どうやって使うにゃ?

グリ姉さん
Geminiは、文章を学習して、そのスタイルに合わせた文章を作ってくれるのよ。

2023年12月に発表されたGeminiですが、実際にどう使うのか、わからない方も多いかもしれません。

この記事では、Google Bardを使って、文章をAI (Geminin)に学習させ、そのスタイルに合わせたユニークな文書をAIに作成してもらう方法について紹介しています。

目次

Geminiとは

タロウ君
Geminiって、そもそも何なのにゃ?
グリ姉さん
Google Bardの背後で動く最新のAIのことよ。

Geminiは、Google DeepMindとGoogle Researchの共同チームによって開発された最新の人工知能モデルです

テキストだけでなく画像や動画、音声も理解できるマルチモーダルモデルの生成AIです。

Geminiの詳細は、次の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
ChatGPTを超える!?Googleの世界最強AI「Gemini」とは 2023年12月6日Googleから発表された生成AIの新たなモデル「Gemini(ジェミニ)」 その機能や特徴、使用方法などをご紹介します。 【Geminiとは】 Geminiは、Google Deep...

Google Bardで文章を学習させてみた

タロウ君
Geminiが入ったGoogle Bardはどんなことができるのにゃ?
グリ姉さん
AIに文章を学習させて、独自の文章を作り出すことができるのよ。

それでは、実際にGoogle Bardを使い、AIに学習させた文章を作成してみます。

次の4つのステップがあります。

  1. Googleドキュメントにアクセスし、学習させる文章をコピペ
  2. Google Bardにアクセスし、文章を分析
  3. 3つの草案から、1つ選択
  4. Googleドキュメントへエキスポート

一つずつ解説していきます。

Googleドキュメントにアクセスし、文章をコピペ

Google検索を開き、ドキュメントをクリックします。

「空白のドキュメント」をクリックし、Googleドキュメントを開きます(ログイン必要)。

   Googleドキュメントに、文書をコピペします。

今回は、次の記事を参考にしています。

あわせて読みたい
ChatGPTを超える!?Googleの世界最強AI「Gemini」とは 2023年12月6日Googleから発表された生成AIの新たなモデル「Gemini(ジェミニ)」 その機能や特徴、使用方法などをご紹介します。 【Geminiとは】 Geminiは、Google Deep...

Googleドキュメントに、タイトルをつけます。

Google Bardにアクセスし、文章を分析

Google Bardにアクセスします。

タロウ君
Bardを使うときに何か特別なことをする必要があるのにゃ?
グリ姉さん
特に新しいことをする必要はないわ。

GeminiはGoogle Bardの内部で動いているから、今まで使っていたGoogle Bardのインターフェースは変わらないの。

次の参考プロンプトをもとに、プロンプトを入力します。

私のGoogleドキュメント'[ファイル名]'を検索し、このドキュメント内の[コンテンツタイプ]の例の文体、冗長な要素、構造を分析してください。そして、[トピック]について話すために、まったく同じ文体、構造、要素で新しい[コンテンツタイプ]を書いてください。→

【ファイル名】には、作成したドキュメントを含むファイルの名前を入れます。

今回は、「テスト1」を入れています。

【コンテンツタイプ】には、記事、音声、動画などを入れます。

今回は、記事を入れています。

【トピック】には、書きたい記事のトピックを入れます。

今回は、Google Bardを入れています。

今回使用したプロンプトは、次の通りです。

私のGoogleドキュメント'テスト1'を検索し、このドキュメント内の'記事'の例の文体、冗長な要素、構造を分析してください。そして、Google Bardについて話すために、まったく同じ文体、構造、要素で新しい記事を書いてください。

3つの草案から、1つ選択

「他の解答案を表示」をクリックすると、3つの草案が表示されます。

お気に入りの草案を選んでください。

Googleドキュメントへエキスポート

選んだドラフトを一番下までスクロールし、共有アイコンをクリックします。

「ドキュメントにエクスポート」をクリックしましたが、共有ボタンしかなく、エキスポートができませんでした。

右端の縦三点リーダーをクリックすると、

「コピー」が表示されます。

これを利用して、Googleドキュメントなどに貼り付けることができます。

3つの草案について

タロウ君
3つもあると迷うにゃ!
グリ姉さん
そうね。ブレーンストーム、校正ツールとして活用してね!

応答スピードに関しては、10秒ぐらいでで結果が表示されるため、ChatGPTなどと変わらず遅くないです。

文章の分析については、冗長な要素や誤字・脱字の指摘など、校正ツールとして使えると思います。

さらに、プロンプトで、評価基準を追加すると、自分が書きたい記事に近づけられると思います。

また、新たなトピックの記事作成については、3つ草案が表示され、ブレーンストームとして他のAIより使いやすいのではと思います。

ただし、文章内容が正しいか、文章の著作権に違反していないか確認は必要です。

また、英語を日本語に訳していると思われますので、意味は理解できますが、日本語に違和感を感じる部分がありました。人による最終的な校正はまだまだ必要と思われます。

また、Google Bardが用意している機能を使い、文章を簡潔にしたり、専門的にしたりすることも可能です。

こちらを利用することで、文章の幅が広がると思います。

最後に、2023年12月22日時点、実際の3つの草案の回答は、以下のリンクを参考にしてください。

1つめの草案

2つ目の草案

3つ目の草案

まとめ:今後の展開

Geminiを導入したGoogle Bardを使い、文章を分析し、その分析をもとに独自の文章を作成してもらいました。

文章校正、記事作成草案ツールとして、記事作成を効率化できるのではないかと思います。

日本語にも対応しており、3つの草案がブレーンストームの時間を削減しれくれそうです。

自分の作成したい文章に合わせたプロンプトを作成すれば、自分に合った文章を作成してくれると思います。

Geminiは2023年12月に発表されたばかりですので、今後の更なる進化に期待しています。

 

詳しくは引用元の記事をチェック!

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次