【記事紹介】Gemini Pro登場:Google Bard、画像生成へ進化

皆さん、こんにちは!今回はGoogleからのビッグニュースをお届けします。
Google Bardが、さらにパワーアップして新しい機能を手に入れたんです!その名も「Gemini Pro」。これまでは自然な文章を作るのが得意でしたが、Gemini Proの登場で、今度は画像も思いのままに作り出せるようになったんですよ。
想像力を駆り立てるこの新機能で、皆さんのアイデアがどんな素敵な画像になるか楽しみですね。
この記事ではGemini Proが私たちの暮らしをどのようにサポートしてくれるのかを、わかりやすく解説します。
Geminiについては、次の記事を参考にしてください。
あわせて読みたい
ChatGPTを超える!?Googleの世界最強AI「Gemini」とは 2023年12月6日Googleから発表された生成AIの新たなモデル「Gemini(ジェミニ)」 その機能や特徴、使用方法などをご紹介します。 【Geminiとは】 Geminiは、Google Deep...
モモちゃん
Google Bardが新しい機能を手に入れたんだよ。文章だけじゃなく、画像も作れるようなったんだって。
タロウ君
文章に加えて画像も?すごいにゃ!どんな画像でも作れるのかにゃ?
目次

Gemini Proに進化、何が変わった?

 

モモちゃん
Googleが新しいアップデートで、”Gemini Pro“っていう機能を手に入れたんだよ。
グリ姉さん
へえ、そうなのね、”Gemini Pro“は今までのとはどう違うのかしら?

これまでは質問に答えたり、文章を作成することが得意でしたが、ついに画像も作成できるようになりました。 ブログ記事やプレゼンテーション、学校のプロジェクトなど、多くの場面でイメージ通りの画像を簡単に作成できるようになりますね。 Gemini Proの魅力は、ユーザーが具体的な指示を出すだけで、それに応じた画像を生成できる点にあります。この技術の進化は、私たちの表現の仕方を大きく変える可能性を秘めています。

新たに獲得した能力

新たに追加された「Gemini Pro」という機能についてお話ししましょう。 これまではテキストベースの応答に長けていましたが、Gemini Proの導入により、画像生成の能力も手に入れました。この機能は単に新しい技術というだけでなく、ユーザーが自分のアイデアや想像を視覚的に表現する手段を提供しています。

文章で伝えることが難しい抽象的な概念や、具体的なビジュアルイメージを直接形にすることが可能になり、コミュニケーションやクリエイティブな作業がより豊かになります。

世界中で使える!Gemini Proのグローバル対応

Gemini Proは、Bardがサポートする230以上の国と地域で英語で使えるようになっているとのことです。これにより、世界中のユーザーがこの新機能を利用して、独自のコンテンツを作成できるようになります。

Bardのこのグローバルな展開は、世界中の人々がAIの力を活用して、新しい創造的な可能性を探求できるようにすることを目指しています。このグローバル対応により言語や地域の壁を越えて、より多くの人々がAIの恩恵を受けられるようになるといいですね。

新しい創造の可能性

 

モモちゃん
タロウ君、Gemini Proがあれば、私たちの想像したものを画像で見せることができるんだよ。例えば、空想の世界や夢の中の風景も、Bardが画像として作ってくれるんだ。
タロウ君
夢の中の風景を画像で見られるなんて、びっくりだにゃ、どんな風景でも作れるのかにゃ?

Gemini Proの導入により、教育、ビジネス、アートの分野で創造性が大きく広がるでしょう。教育では、Gemini Proを使って生徒たちが学んでいる概念をビジュアル化し、より深い理解を促すことができます。様々な分野でのコミュニケーションやアイデアの共有を促進し、従来の方法では不可能だった創造的なプロジェクトの実現を支援します。この技術により、私たちの想像力を形にする新たな手段が提供され、創造性の限界を押し広げることができるようになります。

教育現場でのGemini Proの活用

従来のテキストベースの学習に加え、Gemini Proを活用することで、生徒たちは自分たちのアイデアや学習内容をビジュアル化することができます。たとえば、歴史の授業で古代文明について学ぶ際、生徒たちはその文明の建築物や日常生活をGemini Proを使って画像として表現することができます。

また、美術やデザインの授業では、生徒たちが描きたい構図や色使いをGemini Proで試すことができ、クリエイティブなプロセスを支援するツールとしても活用できます。

職場でのGemini Proの利用

職場でも多様な用途で活用されることが期待されます。プレゼンテーションや報告書でのデータのビジュアル化は、情報を伝える上で非常に重要です。

複雑なデータや概念を簡単に理解できる画像に変換することができ、魅力的でわかりやすい内容にすることが可能です。また、マーケティングや広告の分野では、新しいキャンペーンのビジュアルコンセプトを迅速に試作し、チーム内でのアイデア共有を促進することができます。 このようにGemini Proは、職場でのコミュニケーションを促進し、創造的なアイデアの発展を支援する強力なツールとなり得るでしょう。

実際に画像生成してみた

   

モモちゃん
グリ姉さん実際にGemini Proを使って、自分たちだけのオリジナル画像を作ってみよう!
グリ姉さん
それは良いわね。何を作ってもらおうかしら。
まず、検索ページで「Gemini」と検索し、Geminiのサイトにアクセスします。トップ画面に移ると、「ログイン」と表示されるのでクリックするとログイン画面に移り、利用規約が表示されるので同意して次に進みましょう。
これだけで、Geminiが使えるようになります。Googleアカウントを作成済みであれば、1分もかかりません。 Geminiの使い方はシンプルで、検索バーにプロンプト(指示)を英語で入力するだけです。これだけでAIが自動で回答を生成してくれます。

画像生成してみた

タロウ君

タロウ君
僕はスノーボードしてるところをかいてもらったにゃ!生成スピードもすっごくはやいのにゃ!

グリ姉さん

グリ姉さん
私は桜の花が満開の画像を作ってもらったわ。今年の春は皆で花見に行きたいわね。

モモちゃん

モモちゃん
森の中を歩いているような画像を作ってもらったよ。小鳥たちがさえずる音が聞こえてきそうな森の描写、まるで映画のワンシーンみたいだね!
 

感想

Geminiを使ってみて特に驚いたのは、画像生成の速さと多様性に驚きました。数秒で様々な角度から解釈された4枚の画像が生成され、創造的なインスピレーションを得るのに役立ちます。

画像の大きさを変えられないことや、日本語で要望を伝える機能がない点は、これから改善していってほしいですね。全体的に、Geminiは潜在能力が高いツールだから、これらの点が改善されれば、より便利なツールになりそうですね。

使用の注意点

Gemini Proで生成したAI画像の商用利用については、利用可能な画像とそうでない画像が存在します。高い自由度があるがゆえに、著作権で保護されている画像や倫理的に問題のある画像も生成することが可能です。そのため、画像を商用利用する際には、個々の画像が商用利用可能かどうかを慎重に判断する必要があります。

一方で、ChatGPTでは、著作権で保護されている画像や倫理的に問題のある画像の生成が制限されていますが、その代わりに生成された画像は基本的に商用利用可能というメリットがあります。このことから、ビジネスで利用する際には、その特性と制限を理解することが重要です。

まとめ:AI革命とその波紋

モモちゃん
Gemini Proで作った画像、どうだった?私は大自然の中を冒険しているような感じがして、すごく新鮮だったよ!
タロウ君
スノーボードしてる自分の画像を作ってもらったんだけど、まるで本当に雪山で滑ってるみたいで、すごく楽しかったにゃ!
グリ姉さん
私が作った桜の風景は、本当に春の訪れを感じさせてくれたわ。Gemini Proって、想像以上に素敵な世界を作り出してくれるのね。

Gemini Proでの体験を通して、Googleがどんどん進化していることがよくわかりましたね。OpenAIのような存在に続いてGoogleもまた、Geminiを中心にして、さまざまな製品で新しい技術の波を起こしているんだなって感じますね。これからGoogleがどんな新しい技術やサービスを世に出してくれるのか、本当に楽しみですね。

引用元記事 https://ledge.ai/articles/google_bard_gemini_pro_image_generation  

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次