ChatGPTとコラボして掌編小説を書いてみた – クリエイティブ・ライティングでの活用例

ChatGPTのような先進的な文章生成AIツールは、小説や詩、脚本の執筆といったクリエイティブ・ライティングにも役立ちます。

今回はChatGPTをクリエイティブ・ライティングに活用するメリットをまとめ、実際にChatGPTとコラボしながら何か創作してみたいと思います。

目次

ChatGPTとクリエイティブ・ライティングに関する基礎知識

ChatGPTとは?

ChatGPTとは、OpenAIが開発したGPT(Generative Pre-trained Transformer)アーキテクチャを基盤とした会話型AIです。

言語モデルとしてのGPTは、テキスト生成や理解、質問応答など多岐にわたる自然言語処理タスクをこなします。

ChatGPTはユーザーからのテキスト入力に応答し、チャット形式でスムーズな対話を行うことができます。

クリエイティブ・ライティングとは?

クリエイティブ・ライティングとは「創造性の高い文章の執筆」という意味ですが、一般的には、小説、詩、脚本といったフィクションを創作する活動のこととされています。

想像力と創造力の開発を目的に、教育分野でも導入が進んでおり、「クリエイティブ・ライティング・コース」を設ける大学なども増えています。

また、集客力や顧客満足力といったビジネススキル向上のため、クリエイティブ・ライティングを取り入れている企業もあります。

ChatGPTをクリエイティブ・ライティングに活用するメリット

7つのメリット

ChatGPTをクリエイティブ・ライティングに活用するメリットは大きく7つにまとめらます。

  1. 豊富なアイデアやテーマの提案
  2. ライターズ・ブロックの克服
  3. 言語表現の洗練化
  4. 編集と校正の支援
  5. 多機能性と柔軟性
  6. 時間効率と生産性の向上
  7. インタラクティブな学習ツールとしても
  1. 豊富なアイデアやテーマの提案

ChatGPTをクリエイティブ・ライティングに活用する最大のメリットは、豊富なアイデアやテーマが得られることでしょう。

そこから意外なプロット、新鮮味のあるキャラクター、既存のジャンルを超えたストーリーを展開することができ、一歩進んだ創作が可能になります。

  1. ライターズ・ブロックの克服

「ライターズ・ブロック」とは、アイデアやインスピレーションが枯渇して「筆が進まない状態」のことです。

多くの作家を悩ませる共通の問題ですが、そのような状態に陥ったら、ChatGPTに助けを求めましょう。

ChatGPTの思いもよらない発想や提案は、一種の清涼剤のような働きをし、作家が創作に集中できない時期を乗り切る手助けをします。

  1. 言語表現の洗練化

膨大なデータセットで訓練されたChatGPTは高度な言語モデルであり、多様な言語表現を得意としています。

より洗練された文体や言い回し、読みやすいコンテンツなどを提案することができます。

  1. 編集と校正の支援

創作面だけでなく、ChatGPTは編集や校正もサポートします。

「て・に・を・は」といった文法上のミスを探し出し、文章構造を改善する能力は、作品の完成度を高めると同時に、作家の時間と労力を大幅に削減します

  1. 多機能性と柔軟性

ChatGPTのもうひとつの特徴が「多機能性」と「柔軟性」です。

SFから歴史小説、詩から脚本まで、ジャンルやフォーマットを問わず柔軟に提案することができます。

作家が新たなジャンルを探求したり、異なる領域を組み合わせたりすることで、ストーリーテリングのレパートリーを広げる助けとなります。

  1. 時間効率と生産性の向上

ChatGPTは驚異的なスピードでアイデアを生み出し、フィードバックを提供し、執筆プロセスを支援することで、時間効率と生産性を高めます。

これは特に、厳しい締め切りを守ったり、複数のプロジェクトを同時に管理する必要があるプロのライターやコンテンツクリエイターにとって有益といえるでしょう。

  1. インタラクティブな学習ツールとしても

ライティング初心者やライティングスキルを向上させたい人にとってもChatGPTは有用です。

ライティングを練習し、即座にフィードバックを受け取り、効果的なストーリーテリングとはどのようなものか理解する上で、ChatGPTは使いやすくインタラクティブな学習ツールとなります。

ChatGPTとのコラボ創作

掌編小説を書いてみる

では実際にChatGPTとコラボして何か創作してみたいと思います。今回は「掌編小説」、いわゆる「ショートショート」の執筆に挑戦します。

ChatGPTとのやり取りを以下の3つのプロセスに絞ってご紹介しましょう。

  1. テーマの決定
  2. 構想を練る
  3. 特定の会話

① テーマの決定

まずはテーマを決めなくてはなりません。早速ChatGPTに提案してもらいます。

プロンプト:

ChatGPTとコラボして掌編小説を書こうと思う。
まずはテーマをいくつか提案して

ChatGPT:「掌編小説を書くのは面白いアイデアですね。テーマに関して、以下のいくつかの提案をします」

どのテーマもなかなか興味深いですね。提案された7つのテーマから、「幽霊との交流」を選ぶことにしましょう。

② 構想を練る

テーマが決まったら、次はアイデアやプロット等の構想を練ります。

プロンプト:

幽霊との交流にします。
具体的なアイデアやプロットの提案をして

ChatGPT:「幽霊との交流をテーマにした掌編小説のための具体的なアイデアやプロットを提案します」

なるほど、テーマは「未解決の感情、愛と悲しみ、そして人間としての成長」ですか。深いです。

そして見えない絆が時間と空間を超えてどのように影響を及ぼすかを探求するということで、タイトルは「透明な絆」なのですね。

それぞれの章も起伏に富み、展開が早いため、たしかに掌編小説の形式に適したプロットだといえます。

③  特定の会話

6つの章のうち、主人公と幽霊が会話する第2章「幽霊の出現:ある夜、家の中で透明な人影を見る。最初は怖れるが、次第にその幽霊が話しかけることができることに気付く」に着目してみましょう。

ChatGPTは会話表現も得意としているので、会話の流れも提案してもらいます。

プロンプト:

主人公と幽霊との会話を記述してみて

ChatGPT:「第2章『幽霊の出現』での幽霊との会話を記述します。このシーンでは、主人公が初めて幽霊と意識的に交流する瞬間を描きます」

「あなたの家、私の家、時は流れ、所有者は変わる。しかし、私には未完の用事がある」など、かなり不自然な箇所もありますが、それがかえってミステリアスで、幽霊としての発言に相応しい不思議な効果を生んでいます。

全体としてみれば、「中学生レベルのストーリーテリング」ですが、ところどころ優れた表現があったり、意表を突く展開だったりします。

うまく取り入れられれば、新たなライティング・スタイル、ストーリー展開、創作領域などを開拓できるかもしれません。

まとめ:豊富なアイデアとプロット、会話はまだ不自然

いかがでしたでしょうか?

ChatGPTをクリエイティブ・ライティングに取り入れる最大のメリットは、なんといっても「豊富なアイデアとプロットの提案」だといえるでしょう。

その一方で、会話はやはり不自然さが目立ち、この辺は人間心理を真に理解できないAIの現時点での限界かもしれません。

いずれにせよ、ChatGPTは作家の創造性を阻害するのではなく、課題を克服し、執筆の全体的な質を高める手助けとなります。是非コラボしてみてくださいね!

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療やヘルスケアを専門とする翻訳者。海外の記事や生活に役立つ活用法の紹介を通じて、ChatGPTを考える一助となれば幸いです。

Random Image

コメント

コメントする

目次