不動産業界向けChatGPT: 知っておくべきプロンプトのコツ

近年、不動産業務を効率化するために、最先端の技術を用いた画期的なツール「ChatGPT」の活用が注目されています。  

しかし「ChatGPTを不動産業界でどのように活用すればいいか分からない」という方も少なくないことでしょう。 

この記事では、ChatGPTとはなにか、不動産業界でどのように役立つか、不動産業界に特化したプロンプトなどを解説します  

ChatGPTを利用する際のメリットや注意点も紹介するので、業務効率の向上を図りたい企業の担当者はぜひ参考にしてください。  

目次

ChatGPTとは

ChatGPTは、ユーザーが質問した内容に対して、AIが回答を行うという人工知能チャットサービスです。 

インターネット上にある膨大なテキストデータを学習して、まるで人間と対話しているかのような自然な回答を生成できる点が特徴です。  

アメリカのOpenAI社が2022年11月にサービスをリリースして以降、その回答精度の高さから世界中で利用者数を急速に拡大しています。 

ChatGPTの利用にはアカウントが必要ですが、誰でも無料で利用できます。 

ChatGPT公式サイト:https://openai.com/blog/chatgpt  

ChatGPTを不動産業界が活用できる場面

不動産業界でChatGPTを活用する主な場面は、以下のとおりです。

  • 物件の紹介文作成
  • 不動産関連のコンテンツ作成
  • 不動産価格やマーケットトレンドなどの情報収集
  • 賃貸を探す顧客のサポート

    それぞれの場面を解説します。  

    物件の紹介文作成

    ChatGPTの自然言語処理を利用して、物件のメリットや特徴を伝えるための紹介文を自動的に作成することができます。  

    物件の広告やパンフレット・チラシ作成において、多くの時間と労力を節約できるため「時間とリソースが足りない」という悩みから解放されることでしょう。  

    物件の基本情報や特徴、アピールポイントなどの情報を細かく入力すれば、自然な文章が作成できるようになっています。  

    不動産関連のコンテンツ作成

    不動産関連のブログ記事や営業メール、FAQなどのコンテンツを自動生成することもできます。 

    近年では自社ホームページ上にブログ記事を掲載したり、SNS運用に力を入れている企業が増えていますが、本来の業務をこなしながらブログやSNSを更新することは容易ではありません。 

    ChatGPTを活用すれば、適切なプロンプトを入力するだけでコンテンツを量産できます。 

    不動産価格やマーケットトレンドなどの情報収集

    ChatGPTに市場の動向や過去の物件取引情報を学習させれば、不動産価格の予想やマーケットトレンドの分析も可能です。 

    例えば「最近の都心部のマンションの価格推移はどう?」や「大阪市の将来的な物価価格を予想して」などの質問に答えてくれます。  

    少ない手間でトレンドを把握できるようになり、将来的な価格変動や市場の動向を予測するのに役立ちます。 

    賃貸を探す顧客のサポート

    ChatGPTを利用して、顧客の希望する条件にあった賃貸物件をおすすめすることもできます。 

    例えば「大阪市内でバス・トイレ別の1DKを探している」という希望条件がある場合、ChatGPTは入力された条件に基づいて、不動産物件のデータベースから適切な物件を検索して提案することができます。 

    これにより、顧客は自分に適した物件を効率的に見つけることができるでしょう。  

    ChatGPTを不動産業界で活用するメリット

    不動産業界でChatGPTを使うメリットは、以下のような点が挙げられます。 

    • 業務効率の向上 
    • 顧客満足度の向上 
    • コスト削減 

    それぞれのメリットについて見ていきましょう。 

    業務効率の向上

    ChatGPTを利用することで、文章作成の大部分が自動化され、業務の効率性が大幅に向上することに期待が持てます。  

    また物件検索や問い合わせなどの基本的な業務をChatGPTに任せることで、スタッフの負荷を軽減できるメリットもあります。  

    顧客満足度の向上

    ChatGPTは、顧客のニーズに基づいた最適な物件やサービスの提案が可能ですので、顧客満足度を高めることができます。  

    さらに業務の自動化によって余った時間を活用して、より顧客との信頼関係構築に力を注ぐことが可能となり、売り上げにも貢献できるでしょう。 

    コスト削減

    不動産業務をChatGPTで効率化することで、経費などのコスト削減につながります。 

    従業員の作業時間が減れば、残業代を支払う必要もなくなりますので、人件費の削減にも効果的です。 

    さらにCRMシステムの導入などによって顧客管理を一元化すれば、マーケティングコストの最適化も実現できるでしょう。  

    ChatGPTの不動産業界におけるプロンプト活用例

    不動産業界の実務に役立つ、ChatGPTへの入力文(プロンプト)と回答例をいくつか紹介します。質問を考える際の参考にしてください。  

    ①物件紹介文の作成

    次のようなプロンプトをChatGPTに入力することで、 物件紹介文を簡単に作成できます。  

    ■プロンプト例 

    以下の情報を参考にして、物件紹介文を作成してください。 
    
    物件名:△△マンション
    
    住所:大阪府大阪市浪速区難波中3丁目
    
    最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線なんば駅から徒歩8分
    
    間取り:1DK
    
    家賃:7万円(管理費込み)
    
    敷金・礼金:なし
    
    面積:35平方メートル
    
    築年数:15年
    
    設備:エアコン・バストイレ別・2口ガスコンロ・オートロック・宅配ボックス

    ■出力文 

     

    ②ブログ記事作成

    下記のような質問を入力すると、簡単にブログの集客記事が作成できます。 

    ■プロンプト例 

    一人暮らしを検討している女性に向けて、下記物件のブログ紹介記事を作成してください。  
    
    物件名:△△マンション
    
    住所:大阪府大阪市浪速区難波中3丁目
    
    最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線なんば駅から徒歩8分
    
    間取り:1DK
    
    家賃:7万円(管理費込み)
    
    敷金・礼金:なし
    
    面積:35平方メートル
    
    築年数:15年
    
    設備:エアコン・バストイレ別・2口ガスコンロ・オートロック・宅配ボックス
    
    見出しごとに日本語で400文字程度になるように出力してください。
    
    「導入文」→「各見出し」→「まとめ」の順に内容を出力してください。

    ■出力文 

    ③契約書作成

    下記の質問をChatGPTに入力すると、簡単に契約書が作成できます。  

    ■プロンプト例 

    以下の情報を参考にして、契約書を作成してください。  
    
    契約種類:普通賃貸借契約
    
    契約者名:山田花子(借主)、加藤太郎(貸主)
    
    物件名:△△マンション
    
    住所:大阪府大阪市浪速区難波中3丁目
    
    間取り:1DK
    
    家賃:7万円(管理費込み)
    
    敷金・礼金:なし
    
    契約期間:2023年10月1日〜2025年9月31日まで

    ■出力文 

    ④契約更新のメール文面作成

    次のような質問を入力すると、ChatGPTで契約更新のメール文面作成ができます。  

    ■プロンプト例 

    下記の情報を参考にして、メール文面を作成してください。  
    
    送信者:加藤太郎(貸主)
    
    宛先:山田花子(借主)
    
    件名:賃貸物件の契約更新について
    
    本文:
    
    契約期間が2025年9月31日で満了する旨を通知する
    
    契約更新の意思があるかどうかを確認する
    
    契約更新の意思がある場合は8月31日までに返信するように求める
    
    契約更新の意思がない場合は9月31日までに賃貸物件を空け渡すように求める 
    
    貸主
    
    電話番号:090-xxxx-xxxx
    
    メール:xxxxx@yahoo.co.jp

    ■出力文 

     

    不動産業界でChatGPTを利用する際の注意点

    ChatGPTは先進的な技術である一方、サービス提供が開始されてからの歴史が浅く、複数の問題点を抱えています。 

    不動産業界でChatGPTを活用する際の注意点を見ていきましょう。  

    情報が最新であるとは限らない

    ChatGPTが持つ情報は、2021年9月までのものであるという点に注意が必要です。そのため、最新の税制や法規制については、専門家や信頼性の高い情報源を参照しましょう。 

    なお、有料プランである「ChatGPT Plus」にすれば、最新情報を取得することができます。

    ハルシネーションに気をつける

    ChatGPTは質問に回答する機能がありますが、そのデータには誤りが含まれている可能性があります。  

    AIが偽情報を出力する現象「ハルシネーション」に気をつけるためには、以下のような対策が必要です。 

    • 出力をそのまま鵜呑みにせず、情報を必ず確認する 
    • 複数人で協力してデータの真偽をチェックする  

      情報漏洩リスクがある

      ChatGPTに顧客情報や機密情報を入力すると、そのデータがAIの学習に活用され、不特定多数のユーザーに出力される可能性があります。 

      そのためプライバシーやデータ保護にも十分に気をつなければなりません。  

      個人情報を保護する対策として、企業向けに設計された「ChatGPT Enterprise」を利用するのも一案です。  

      こちらは有料版ですが、入力データはAI学習に利用されない仕様となっており、情報漏洩のリスクを最大限に減らすことができるでしょう。 

      まとめ:ChatGPTを活用して不動産業務の効率化を図ろう

      この記事では、不動産業界におけるChatGPTの使い方を中心に、プロンプト集や使用上のメリット・注意点などについて解説しました。 

      ChatGPTを適切に活用できれば、不動産業務のさまざまな場面で効率化を図ることができます。紹介したプロンプト集などを参考にして、ぜひご自身に合った使い方を見つけてみてください。 

       最後に、本記事の結論を振り返りましょう。 

      • ChatGPTは不動産業界においてコンテンツ作成や情報収集などさまざまな場面で活用できる 
      • 不動産業務にChatGPTを取り入れることで業務効率や顧客満足度の向上が見込める 
      • 情報漏洩リスクやハルシネーションには気を付ける 

         ChatGPTを活用して、不動産業務の効率化を図ってみてはいかがでしょうか。 

        ChatGPT導入研修教材のご案内

        今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

        ✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
        ✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
        ✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

        詳細はこちらの特設ページから。
        助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

        よかったらシェアしてね!
        • URLをコピーしました!
        • URLをコピーしました!
        Random Image

        コメント

        コメントする

        目次