法律業界向けChatGPT: 弁護士が知っておくべきプロンプトのコツ

本記事では、プロンプトのコツを押さえれば、法律業界でもChatGPTを活用できる方法をご紹介します。

法律業界向けの業務にてChatGPTを活用したいが、使い方がわからない人に向けて内容をまとめているので、ぜひご参考にしてください。

特に以下のような疑問を持っていないでしょうか。

  • 法律業界でもChatGPTが活用できるのか?
  • ChatGPTを利用してリスクはないのか?
  • プロンプトのコツを知りたい

そのような問題を解決するべく、本記事ではChatGPTが法律業界とどのように関わっていけるのか、リスクがあるのか、そしてどのように活用していくのか解説します。

目次

法律業界とChatGPTの連携

法律業界とChatGPTは効果的な連携を築くことが可能です。法律事務所では、ChatGPTを研究支援ツールとして導入し、法的文書の調査と情報収集を効率化するのに活用できます。

その効果として、弁護士は迅速に必要な情報を入手し、クライアントへ高品質なアドバイスが提供できるでしょう。また、ChatGPTはクライアントとのコミュニケーションにおいても役立ちます。

法的アドバイスをスピーディに提供し、法的問題に対処するプロセスを効率化する手助けとなるので、法律の教育分野においても、ChatGPTは法的知識の向上に効果的です。

ただし、法的倫理やプライバシーの観点から見ると、ChatGPTの利用には慎重さが求められます。人間の専門知識と判断力は引き続き重要であり、注意が必要です。

法律業界におけるChatGPTのリスク

ChatGPTの法律業務に活用する際には、以下の2つのリスクが考えられます。

情報漏洩のリスク

ChatGPTはユーザーの入力データを収集し学習します。したがって、機密情報を入力した場合、その情報はデータとして蓄積されます。

このため、ChatGPTがサイバー攻撃を受けた場合、機密情報が漏洩する可能性が高まりので、法律事務所では、セキュリティ対策を徹底することが不可欠です。

偏見のリスクや著作権・知的財産権侵害のリスク

ChatGPTは学習したデータによっては、偏った知識や考え方が定着してしまう場合があります。そのような場合、偏見や差別的な表現を文章に反映する可能性も考えられるでしょう。


その文章を公表することで企業イメージ、ブランド価値を損なってしまいます。それゆえに悪評や法的トラブルにつながることを懸念し、ChatGPTによる文章作成時には十分な注意が必要です。

プロンプトの重要性やその効果

ChatGPTを正しく効率的に活用するには、適切なプロンプトを選択する必要があります。それはプロンプトの選択がChatGPTの文章生成に大きく影響があるからです。

つまり、適切なプロンプトを選択すれば、高品質な結果を得られるでしょう。

逆に不適切なプロンプトは混乱を招き、期待する結果からかけ離れた内容になる恐れもあります。それだけプロンプトが重要であることが理解できます。

弁護士が知っておくべきプロンプトのコツ

ChatGPTにおけるプロンプトは欲しい情報を要求するための質問文です。求めている答えを得るには適切なプロンプトが必要不可欠でしょう。

それでは弁護士が押さえておくべきプロンプトのコツについて解説します。

明確で具体的な質問

明確で具体的な質問は、情報収集や問題解決において非常に重要です。これは質問の主題や要求を明確にし、必要な情報を得るための効果的な手段だからです。

明確で具体的な質問は、以下の特徴を持っています。

特定の主題

質問は特定の主題に絞り込むことで、具体的な情報や回答を得ることができます。これは何を知りたいのかを明確に表現し、抽象的ではなく具体的な質問をするアプローチ方法として効果的でしょう。

詳細な情報

質問には具体的な詳細情報を盛り込まなければいけません。例えば日付、場所、関係者、金額など、必要な情報が必要になるでしょう。「明確で具体的な質問」は、情報の収集や問題解決において極めて重要です。

このアプローチでは、質問者が何を知りたいのかを具体的に示し、詳細情報を得るための効果的な方法です。

明確な要求

質問は明確な要求や期待を伝えます。回答者にとって何が必要かが明示され混乱を防ぎます。

「明確で具体的な質問」は、情報の収集や問題解決において鍵となるアプローチになり、質問者が何を要求しているのかを明示的に示し、具体的な回答や情報を得るための方法となるでしょう。

法的文脈

法的文脈では、法的用語や関連法令の言葉が正確に使用され、問題の本質が明確になります。法律業界では、抽象的な質問ではなく、特定の法的問題や要素に焦点を当てることが求められます。

質問は具体的で、法的用語や法令に即したものであるべきで、具体的な法的情報やアドバイスを得るために欠かせません。

例えば、特定の契約条件について明確な質問をすることで、契約解釈に関する正確な回答を得ることができます。

明確で具体的な質問は、法的問題の理解と解決、適切な法的アドバイスの提供において不可欠なスキルであり、法律業界においては日常的に活用されます。

具体的事例

「クライアントの離婚事件において、財産分与についての情報が必要です。具体的なケースを考えたいです。例えば、夫婦が共同で購入した不動産の財産分与に関する法的基準やプロセスについて説明してください。

このようなケースにおいて、どのように財産分割が行われ、法的な規制はどのように適用されるのでしょうか?」

より具体的な事例を挙げることで、特定の主題である離婚事件における財産分与に焦点が当たります。また、状況を鮮明に伝えることで期待する情報が得られるでしょう。

簡潔な言葉遣い

簡潔な言葉遣いは、弁護士がChatGPTに対してプロンプトを作成する際に重要な要素の一つです。それでは、簡潔な言葉遣いに関する内容を解説します。

冗長表現を避ける

冗長な表現や余計な修辞的な要素を省略し、端的な情報を伝えることを重視します。冗長性は誤解を生む要因であるため、シンプルで効率的な表現はコミュニケーションの質を向上させます。

例えば、「法的手続きにおいて必要な要件は何ですか?」 のような端的な表現が望ましいです。

簡明な文章構造

簡明な文章構造は、文章を明確かつ効果的に伝えるための方法で、要点を前面に出し、段落構造を整え、簡潔な文を使用します。リストや箇条書きを使い、適切な語彙を選択し、明確な構造を持つことが特徴です。

このアプローチは方法はわかりやすく、情報の効率的な伝達を実現し、コミュニケーションを向上させるでしょう。

専門用語の適切な使用

専門用語は特定の分野や専門領域での共通言語であり、適切に使用することで効率的な情報伝達が可能です。しかし、読者や聞き手がその専門用語を理解できるかどうかを考慮しなければなりません。

適切なコミュニケーションを実現するために、専門用語の使用は必要に応じて説明を添えることがキーポイントです。

不要な修飾語の省略

修飾語は本来、主語や動詞を補足するものであり、過度に使用すると文が複雑になります。不要な修飾語を省略することで、情報伝達が効率的になり、読者は要点に集中しやすくなります。

要点を的確に伝えるために、冗長な修飾語を避け、文章を簡潔にまとめることが大切です。不要な修飾語や形容詞の使用を避け、主題を的確に伝えられます。

例えば、「重要な法的手続き」 ではなく 「法的手続き」 と表現するとより端的でわかりやすくなるでしょう。

具体的事例

法的契約書を要約する方法を教えてください。

このプロンプトの意図としては「効果的な契約書作成のポイント」に焦点を当てています。とにかく端的に簡単な文章を意識することが大切です。

返ってきた文章に不足点があれば、追加して質問していくと、より良い具体的な対応が見えてくるでしょう、

具体的な事実

具体的な事実をプロンプトに組み込むことは、ChatGPTに対して、より正確な回答を得るために重要なコツです。以下に、具体的な事実の重要性について詳しく説明します。

事件の背景

事件の背景情報は、出来事や問題の起源、関与する人物、時系列、関連法律や規制など、具体的で客観的なデータや事実を含みます。これらの情報は、事件の本質を理解し、解決策を見つけるための重要な要素でしょう。

特に法的な事件においては、関連する法律や規制の文脈を把握することが不可欠です。事件の背後にある具体的な事実を明確に理解することで、クライアントに適切な法的アドバイスを提供できます。

そのため、背景情報の収集と分析は、弁護士にとって欠かせないスキルでしょう。

証拠と文書

証拠と文書は法的な事件において重要な要素です。証拠は事件や主張の裏付けとなり、文書はその証拠の一部として利用されます。

文書は契約、取引履歴などで構成され、その正確性と信頼性が法廷で評価されます。弁護士は証拠を収集し、文書を分析して事件を弁護する際に重要な役割を果たすでしょう。

したがって、証拠と文書の適切な管理と理解は、法的業務において不可欠なスキルです。

時間的要素

法的な出来事やプロセスは期限や時間枠に縛られており、これを守ることが法的権利や義務の実行に関わります。

弁護士は、クライアントの利益を守るために期限を守り、時間的制約を理解し、適切なタイミングで行動する必要があります。

時間的要素を適切に管理し、活用することは、法的業務において成功するキーポイントとなります。

当事者の身分

事件や法的課題に関わる当事者の身分について明確に説明しなければいけません。たとえば、クライアントや相手方の名称、法的地位、役職などを示します。

具体的事例

法的紛争において、証拠の収集と文書管理は不可欠です。具体的なケースを考えたいです。あるクライアントが建設プロジェクトの遅延に関する請求を受け、相手方との契約に違反があると主張しています。

このケースにおいて、証拠の収集と文書管理がどのようにクライアントの主張を裏付け、法的な成功に繋がるかについて詳しく説明してください。具体的な証拠の種類や収集方法、文書管理の戦略について具体的な事例を挙げて説明してください。

内容として、証拠の収集と文書管理が法的紛争においての重要度に焦点を当てています。その他にも時間的な要素なども盛り込むとより良いプロンプトとなるでしょう。

具体的な期待値

法律業界に限りませんが具体的な期待値を設定することは、コミュニケーションの明確さと効果性を向上させる重要な要素です。以下は、具体的な期待値に関する詳細な内容です。

明確な目標設定

明確な目標設定は、クライアントから提供された情報に基づいて、具体的で明確な質問やアドバイスを生成するのに役立ちます。目標がはっきりしていると、ChatGPTは適切な情報を提供しやすくなります。

法的業務では、クライアントの要求や法的事案に合わせて明確な目標を設定し、プロンプトを使いこなす重要性があります。

具体的事例

弁護士として、クライアントとのコミュニケーションにおいて、クライアントの期待値を明確に理解し、それに応じた適切な法的対応を提供することが不可欠です。具体的なケースを考えたいです。

あるクライアントが離婚訴訟を起こし、財産分与と子供の親権を求めています。クライアントは特定の財産を保有し、子供の福祉を最優先に考えています。

今回のクライアントの期待値として以下になります。

  • クライアントは特定の財産の一部を保有したい
  • 子供の親権を獲得したいという明確な願望がある

クライアントの期待値を踏まえた合致する法的アクションや戦略を提案してください。また、クライアントに対する適切なアドバイスを提供する方法についても述べてください。

このプロンプトは内容説明しつつ、期待値を述べることで、期待値をいかにクリアするかの具体的対策や法案が提案される可能性が高まるでしょう。

まとめ:ChatGPTは弁護士の仕事を変える

ChatGPTは弁護士の仕事を効率化できる可能性を持っています。効率的な情報収集、リサーチ支援、即時な法的アドバイス提供、そして教育・トレーニングのサポートにより、弁護士はより効果的に業務を遂行できるでしょう。

しかし、慎重なプロンプトの作成と法的倫理の遵守は欠かせない要素です。弁護士はChatGPTを適切に活用し、法的課題に対処する新たな可能性を探求することが求められます。

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次