AI人材は自社で育成できる?必要なスキルや育成のポイントを解説

AI技術の発展やDXの推進により、業務でのAIの活用も普及しつつあります。

それに伴い、AIの開発や運用ができるAI人材の必要性も高まっています。

社内でAI人材の育成を検討している方もいるのではないでしょうか。

本記事ではAI人材が求められる理由や育成方法、育成のポイントを解説します。

目次

AI人材とは

AI人材とは、AIに関する確かな知識やスキルを持ち、AIシステムの構築・運用・技術の改善ができる人材のことです。

技術的な面だけではなく、AI導入の推進やプロジェクトのマネジメントなど、AIを活用する上で必要な全般的なスキルを意味します。

そのため、エンジニアや研究職など理系のイメージが強い職種だけにAI人材が求められるわけではありません。

AI人材が必要な理由

AI人材が必要とされるのには、社会的な背景も関わっています。

以下では、AI人材が必要とされる理由を解説します。

人材不足の解消

多くの企業で人材不足が叫ばれる中、業務負担の軽減のためAIが活用されるようになりました。

それに伴い、確かな知識でAI技術を使いこなせるAI人材も必要とされます。

AIを導入しただけで、使いこなせなければ作業効率は悪化することすらあるのです。

しかし、今までAIと縁のなかった企業にはAI人材がいないことの方が多いでしょう。

AI技術の発展

AI技術は現在も発展している最中で、これからも新たな技術が開発されていくことが期待されています。

現在はAIを導入していなくても、将来的に自社にとって画期的な技術が開発されるかもしれません。

そんなとき、自社にAI人材がいないとスムーズな導入につながらないでしょう。

ビジネスチャンスを逃さないためにも、AI人材が必要とされています。

環境の変化に対応

ビジネスを取り巻く環境は先行きが不透明でありながら日々変化しており、スピーディな対応が求められます。

そんな環境の変化に対応するため、AI技術を積極的に取り入れたビジネスの拡大を試みる企業も多数存在します。

自社の競合も例に漏れず、AI技術を活用した新たな取り組みを考えているかもしれません。

自社独自の経営戦略に加えてAI人材の育成を視野に入れておくことで、環境の変化にも対応しやすくなるでしょう。

AI人材に必要なスキル

AI人材には具体的にどんな技術が必要なのか知っておくと、育成を計画する際もスムーズです。

以下では、AI人材に必要なスキルを解説します。

デジタルリテラシー

デジタルリテラシーは、デジタル技術を十分に理解し、それを適切に活用するスキルのことです。

デジタルの知識が身についているだけではなく、実践的な業務に正しく活かすことがポイントです。

AIを推進する前に前提知識としてデジタルリテラシーが身についていないと、誤った活用方法による重大なミスやトラブルの発生で、企業が不利益を被ることもあります。

プログラミング

プログラミングは、プログラミング言語を使用してコンピューターに自分の意図する作業内容を指示することです。

プログラミングのスキルを習得していれば、アプリの開発や作業の自動化などに応用できます。

プログラミング言語にはJavaやPHPなどがありますが、AI開発にはPythonの知識が必要です。

データサイエンス

データサイエンスは、統計学やアルゴリズムを用いて膨大なデータの分析・解析を行い、有益な情報を見つけ出す学問です。

得たデータから企業の抱える課題や改善点を見出し、提案することも求められます。

AIを活用したデータ解析も浸透しつつあるため、データサイエンスのスキルがあることで、AIの力を借りながら適切なデータの抽出が可能になるでしょう。

機械学習・ディープラーニング

機械学習は、膨大なデータの中から法則やパターンを見つけ、AIに学習させることです。

チャットボットの回答のように、AIが動作する元のデータといえるでしょう。

ディープラーニングは機械学習を発展させたもので、人間が自然に行う動作をAIに学習させることです。

データの背景にあるパターンに対応できるため、より複雑な情報にも対応できるようになります。

課題解決力

AI人材にはAI技術の知識だけでなく、課題解決力も求められます。

課題解決力があることで、自社が抱えている課題を見つけ出し、AIを活用してどのように解決していくか見出すことができるためです。

AI人材育成の課題

AI人材を育成するとしても、普段の業務に加えて教育を実施することになりためらう人もいるでしょう。

AI人材の育成には、以下のような課題を抱えることが多いです。

育成計画の負担

AI人材を育成する場合、計画の担当者の負担になりがちです。

普段の業務に加えて、AI人材の育成計画や、効果的な育成を計画する上で自分自身がAIの知識を身につけるという業務が発生します。

AI人材を育成するための作業時間を抽出できない場合、外部講師による研修の実施やオンラインコースを活用することで、自社の負担を減らした育成が可能です。

実践的な教材が少ない

比較的新しい技術であるAIは、多くの教育プランがありながら実践的な内容が少ない傾向にあります。

AIの活用事例があるとはいえ、実務に立ち入った事例をもとにした教育は少ないためです。

AI人材に必要な知識を身につけつつ、試行錯誤で実務に臨まなければいけない場面があるかもしれません。

AI人材の育成方法

AI人材の育成には以下の方法があります。自社に合った学習方法を選ぶことで、効果的なAI人材の育成につながります。

自己学習

自己学習でAI人材を育成するためには、書籍やeラーニングが挙げられるでしょう。

自由度も高いため、好きな環境で学習できます。

懸念点としては、疑問があった際にを明らかにしにくいのと、モチベーションを保ちにくいことです。

社内研修

AIに関する専門知識を持った社員が在籍している場合、社内研修でAI人材の育成も可能です。

ただ、社員の負担にならないよう育成計画の際は業務配分を再考する必要があります。

外部サービスによる研修

外部サービスによる研修は、カリキュラムの企画や研修に使用するテキストの作成をプロに任せられます。

社内研修の担当者の業務負担を大幅に減らせる上、組織にはないスキルが身につくことも期待できます。

外部サービスにも様々なプログラムがあるため、目的や料金を比較しながら自社に合ったものを選ぶことが大切です。

AI人材育成の際のポイント

AI人材の育成を試みる際は、以下のポイントに留意しましょう。

目的を明らかにする

AI人材の育成を行う際は、目的を明確にしましょう。AI人材のスキルは広範囲にわたるため、目的が曖昧だと中途半端な育成になるためです。

例えば、「日々の業務を効率化したい」「サービスにAIを取り入れたい」など、AI人材を育成して達成したい目的は企業により様々です。

現状を把握し、目的を明確にした上で具体的な育成方法を決めることができます。

必要なスキルを見極める

自社の理想像や現状をもとに、どんなスキルを身につけた人材であれば目的を達成できるか見極めましょう。

例えば、AIで業務効率を図るために人材を育成したい場合は、業務に携わる社員のスキルをAIの活用を実行できるレベルにまで引き上げる必要があります。

必要なスキルを重点的に学ぶことで、目的達成までの期間を短縮して人材を育成できます。

まとめ:AI人材を育成してビジネスチャンスをつかもう

人材不足やAI技術の発展で、AI人材はますます重要視されています。

競合と差別化しつつ環境の変化に対応するためには、計画的にAI人材を育成することが求められるでしょう。

効果的にAI人材を育成するためには、自社がAI人材の育成を通して何を実現したいか明確にすることが必要です。

AI技術を活用できる人材がいれば自社での業務の幅が広がり、ビジネスチャンスにつながることも期待できます。

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image
目次