AI研修・DX研修は何がおすすめ?選び方や効果の高め方も解説

AI技術などの発達により、新しいビジネスモデルを想像できるDX人材が求められるようになりました。

AI研修やDX研修は、DX推進やAIの活用に効果的です。

本記事では、AI研修やDX研修の内容や選び方、効果を高める方法を紹介します。

研修の実施やサービスを検討する際の参考にしてみて下さい。

目次

AI研修・DX研修の目的

AI研修とDX研修は同じIT関連の研修ですが、目的や内容は異なります。

以下では、AI研修とDX研修それぞれの目的を解説します。

AI研修の目的

AI研修は文字通りのAIについて学習するための研修です。

AIリテラシーや機械学習、ChatGPT、AIを活用したビジネス企画の研修など、内容は多岐にわたります。

業務にAI技術を取り入れるためには、AIへの理解が必要不可欠です。

DX研修の目的

DX研修とは、DX(デジタルトランスフォーメーション)を活用した新しい企業価値や変革を生み出すための研修です。

ビジネスモデルに変革をもたらすために必要な思考を学び、デジタル技術を通した新たな価値観の創造やビジネスの実現が期待されています。

AI研修・DX研修の選び方のポイント

AI研修・DX研修には様々なカリキュラムやサービスがあります。

以下では、AI研修・DX研修の実施内容やサービスを選ぶ際に押さえておきたいポイントを解説します。

自社の目的に合った内容であること

AI研修・DX研修を実施する際は、自社の目的やゴールを明らかにした上で研修内容を決めることが大切です。

目的により、選ぶべき内容は変わります。

例えば、「業務フローにChatGPTを取り入れて業務効率を上げたい」とい目的であれば、ChatGPT研修やAIリテラシーが適切な内容です。

部署へのヒアリングで現場の状況や意見を取りまとめ、自社の課題を洗い出して最適なサービスや内容を決める必要があります。

社員のレベルに合った内容

AI研修・DX研修は、自社の社員のレベルに合った内容のものを選ぶことが必要不可欠です。

例えば、「DXの意味を理解していないのにいきなりデジタルマーケティング研修」というように、理解が難しいレベルでは定着に繋がりません。

せっかくの機会でも時間とコストが無駄になってしまいます

AIやDXに関する知識がターゲットの社員にどの程度浸透しているか調査しましょう。

社員が受講しやすいスタイル

研修には集合形式やオンライン形式、eラーニングなど様々なスタイルがあります。

オンラインであれば場所を問わず受講が可能で、動画やeラーニングであれば好きな時間に受講できる自由度が魅力です。

研修内容によっては集合形式が適切なものもあるため、効果が高いと感じられる受講スタイルを選ぶ必要があります。

実務に活かせる内容である

AI研修・DX研修で学んだ内容は、実際の現場で活用できることが大切です。

現場をイメージできるような事例をもとに解説したり、実際の業務にすぐ取り入れられる内容で実施したりなど実践的な内容であることが必要です。

また、社員が意欲的に取り組みたくなる魅力的なカリキュラムであれば、モチベーションアップにも繋がるでしょう。

研修後のフォロー体制が充実したサービス

研修を実施して終了ではなく、その後に発生しがちな問題や効果検証の方法までフォローがあれば安心です。

サービスを検討する際は、アフターフォローがあるかどうかもチェックしておく必要があります。

おすすめのAI研修・DX研修の内容は?

AI研修やDX研修の種類は目的に応じて様々です。以下では、それぞれのおすすめの研修を紹介します。

おすすめのAI研修内容

AI研修は、AIの基礎知識やAI技術の活用方法などを学習できる内容のものがあります。

ここでは、おすすめのAI研修の内容を解説します。

AIリテラシー

AIを活用したい企業の全社員向けの研修。AIについての基礎知識やできること、できないことを正しく理解します。

AIを活用する上で必要不可欠な知識を学ぶ内容です。

ChatGPT

ChatGPTの使用方法や、適切な回答を得るためのプロンプトの入力方法を学びます。

ChatGPTを活用して業務の利便性を高めることで、新たな可能性やアイデアが生まれることも期待できます。

ディープラーニング

人間の神経細胞の仕組みを模したシステムを活用し、人間の自然な行動をコンピュータに学習させるディープラーニングについて学ぶ。

おすすめのAI研修3選

AIフル装備!

AIフル装備!の「ChatGPT導入研修」は、教育、ビジネス、エンターテインメント、カスタマーサポートなど、多くの分野で役立つChatGPTの活用方法を学べるカリキュラムが用意されています。

教育機関や企業研修、職業訓練など幅広い分野で利用されているeラーニングプログラムで、基礎的な学習や応用方法などレベルに合った学習ができます。

助成金の申請のサポートを受けることも可能です。

学習者はPC、スマートフォン、タブレットなどのあらゆるデバイスを使用して学習に取り組めるため、自由度の高い学習スタイルを叶えることもできます。

AI Academy

AI AcademyはPython・AIの活用方法を学べるプログラミング学習サービスです。

プログラミングの初歩から機械学習・ディープラーニングまで豊富なコンテンツが用意されています。

一人ひとりののレベルに合わせたカリキュラムが受講できるため、効率的にスキルを伸ばしやすいでしょう。

株式会社キカガク

株式会社キカガクは、法人研修や集合研修、DX 人材育成コンサルなど多様なニーズに対応しています。

企業の DX 人材育成を支援するためのカリキュラムが幅広く用意されています。

コンサルティングなどのサポートを受けながらAI人材を育成したい場合におすすめです。

おすすめのDX研修内容

DX研修はDXの理解や促進に向けた基礎的な内容からマーケティングへの応用まで様々です。

以下では、おすすめのDX研修の内容を紹介します。

DX理解・促進

DXを理解し、実現するためには何ができるか学ぶ研修。

DXを推進したいが何をしたらいいか分からない場合や、DXを取り入れたい企業の全社員にもおすすめです。

IoTシステム技術

設備や備品などのあらゆる「モノ」がインターネットに接続されることを表すIoTについて学ぶ研修。

IoTを活用したサービスや業務改善など考えるきっかけにもなります。

デジタルマーケティング

Webやデジタルツールを活用した顧客へのアプローチやデータの分析結果をマーケティングに活用する方法などを学びます。

情報セキュリティ

サイバー攻撃や情報漏洩など、デジタル環境に発生するセキュリティリスクやその対策について学びます。

おすすめのDX研修3選

AIフル装備!

AIフル装備!はDX化に必要な情報が詰まったカリキュラムが充実しており、効率的にDX人材の育成ができます。

教育機関や企業研修、職業訓練など幅広い分野で利用されているeラーニングプログラムで、基礎的な学習や応用方法などレベルに合った学習ができます。

助成金の申請のサポートを受けることも可能です。

学習者はPC、スマートフォン、タブレットなどのあらゆるデバイスを使用して学習に取り組めるため、自由度の高い学習スタイルを叶えることもできます。

富士通

富士通ラーニングメディアは、DX人材育成を支援するコースを提供しています。

ビジネスアーキテクト、デザイナー、データサイエンティスト、ソフトウェアエンジニア、サイバーセキュリティの5つの領域に沿ったコースが用意されており、様々な目的に合わせた学習が可能です。

ジッセン!DX

ジッセン!DXは、DX専門オンラインスクールです。

DXの基礎知識からDXリテラシー、戦略の立案など様々な目的に沿ったカリキュラムが用意されています。

DX人材の育成に加え、DXの幅広い活用方法を浸透させたい場合にもおすすめです。

AI研修・DX研修の効果を高めるためには

以下では、AI研修やDX研修の効果を高めるための方法を解説します。

事前準備をしっかり行う

カリキュラムやサービスを選ぶ際や研修前には、以下のような事前準備が必要です。

  • 自社の現状の分析
  • 目的を明確にする
  • 社員に目的を共有する

特に社員に目的を共有することはモチベーションにも直結します。研修の目的が分からないと適当に受講することも考えられるでしょう。

事前準備をしっかりと行うことは、適切な研修を実施し行動化につなげるために必要不可欠です。

研修内容を活かせる環境を作る

研修でAI・DXに関する知識を学んでも、職場環境が変わらないと得たものを無駄にしてしまう可能性があります。

社員がDX推進のためにアイデアを出せる場を設けるなど職場全体で取り組むことが大切です。

研修後の進捗を確認する

研修を終えた後は、その先のゴールを達成できるかが重要です。

そのためには、学習した内容が実際に行動化できているかの進捗確認が必要です。

例えば、基礎的な知識を学習した場合は、アンケートなど受講後の知識確認で定着を促すことができます。

効果検証しながらPDCAを回し、従業員への浸透を深めましょう。

まとめ:AI研修・DX研修で組織を成長させよう

AI研修やDX研修におすすめの内容や選び方、効果を上げるための方法を解説しました。

AIやDXに対応した人材を育て、企業が競争力を高めるためには必要不可欠な研修です。

研修の効果を最大限に発揮するためには、目的の明確化事前準備を行い、適切な内容・サービスを選ぶことが大切です。

現在、厚生労働省認可の「ChatGPT研修」が助成金の対象となっています。

本記事で紹介した内容を参考に、AI研修・DX研修を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次