偽物のChatGPTが増加中! 公式アプリで本物を確認しよう

偽物のChatGPTが増加中! 公式アプリで本物を確認しよう

ChatGPTは、私たちの日常を革命的に変える可能性を秘めたツールとして、多くの方々から注目を浴びています。

OpenAIが生んだこのサービスは、Webベースから始まり、その後の進化を経て、さまざまなデバイスでの利用が可能となりました。

では、具体的に今、どのようなデバイスで利用できるのでしょうか?また、それぞれのデバイスでの特色や利点は何でしょうか?

今回は、ChatGPTの基本情報を中心に、その魅力や利用シーンについて深く掘り下げていきます。

目次

ChatGPTアプリの基本情報

ChatGPTアプリの概要:Android版とiPhone版

ChatGPTは、もともとはWebベースのサービスとして多くのユーザーに提供されていました。

このサービスの高い人気と実用性を背景に、2023年5月26日には公式のiOSアプリがリリースされ、日本を含む多くの国での利用がスタートしました。

このiOS版の成功を受けて、さらに多くのユーザー層へのアクセスを目指し、後日7月26日にAndroid版も公開されました¹。

これにより、ユーザーはデバイスの選択に制約されることなく、ChatGPTの高度な自然言語処理能力を手軽に体験することができるようになりました。

また、ブラウザ版も継続して提供されており、公式サイトから「Try ChatGPT」のリンクを選択することで、直接サービスを利用することができます。

参照:OpenAI、Android版ChatGPT公式アプリ配信開始。日本向けは事前登録中

PC版ChatGPTとアプリ版の違い

ChatGPTは、その柔軟性とアクセス性の高さから、PC、タブレット、スマートフォンなど、さまざまなデバイスから利用することができます。

特に、Webブラウザを介しての利用が基本的な形態として長らく提供されてきました。

しかし、近年のスマートフォン利用の増加を背景に、アプリ版も開発され、多くのユーザーに提供されています。

アプリ版の最大の特長は、ユーザーがより直感的に、そして迅速にサービスを利用できる点にあります。

特に、通知機能やユーザーインターフェースの最適化など、スマートフォンの特性を活かした機能が多数搭載されています。

これにより、移動中や外出先でも、手軽にChatGPTを活用することが可能となりました。

一方、PC版は大画面での利用を前提としており、研究やビジネスの現場での利用に適しています。

ChatGPT Plusを購読するとプラグインを実装することができ、より高度な利用が可能となるのも、PC版ならではの特徴です。

偽物のChatGPTアプリの実態

ChatGPTの名前を冠したアプリが増えてきた今、私たちユーザーはどのようにして真正のアプリを見分け、安全に利用することができるのでしょうか。

近年、ChatGPTの名前を不正使用した偽アプリがアプリストアで増加していることが、多くの方々にとって大きな懸念となっています。

例えば、個人情報の流出やマルウェアの感染など、ユーザーの安全を脅かす可能性が考えられます。

今回は、このような偽アプリの実態やリスク、そしてそれを回避するためのポイントについて詳しく解説していきます。

安全なアプリ利用のための知識を身につけ、偽アプリの罠にはまらないようにしましょう。

偽アプリの増加傾向

近年、ChatGPTの名前を使用したアプリがアプリストアで増加しています。

Google PlayやApp Storeで「ChatGPT」と検索すると、さまざまなアプリがヒットしますが、その中には公式のChatGPTとは異なる非公式アプリも多数存在します。

これらの非公式アプリは、ChatGPTの高い人気を背景に、ユーザーを惹きつけるための手段として名前やロゴを模倣しています。

これらのアプリの中には、OpenAIのAPIを利用しているものもあれば、全く関連性のないものもあります。

ユーザーは、アプリのダウンロードや利用前に、開発者情報やアプリの詳細を十分に確認することが求められます。

偽アプリ事例の紹介

Google PlayやApp Storeには、ChatGPTを名乗る多くのアプリが存在しますが、その中には公式とは異なるアプリも少なくありません。

特にGoogle Playでは、ChatGPTの名前やロゴを模倣したアプリが目立ちます。

例として、“ChatGPT Pro”“ChatGPT Lite”といった名前で公開されているアプリがありますが、これらはOpenAIとは一切関連がないアプリです。

また、アイコンがChatGPTの公式アイコンと酷似しているものも散見されます。

これらのアプリは、ユーザーの誤解を招く可能性があり、ダウンロードする際には十分な注意が必要です。

特に、一部の偽アプリは有料サービスを魅力的にアピールしており、ユーザーから不当に課金を行うケースも報告されています。

このような事例を避けるためにも、アプリの詳細や開発者情報をしっかりと確認することが重要です。

偽アプリのリスク:個人情報流出など

偽のChatGPTアプリをダウンロードすることのリスクは、単なる機能の不足だけではありません。

最も深刻なリスクの一つは、個人情報の流出です。

これらの偽アプリは、ユーザーのデータを不正に収集し、第三者に販売することで利益を得ることが考えられます。

例えば、連絡先、位置情報、ブラウジング履歴など、スマートフォン内の様々な情報が不正に取得される可能性があります。

さらに、偽アプリにはマルウェアが仕込まれていることもあり、これによりスマートフォンがハッキングの対象となることも考えられます。

特に、金融関連のアプリのログイン情報を盗むマルウェアは、経済的損失をもたらす可能性が高いです。

また、偽アプリは頻繁に広告を表示することで収益を上げるため、使用中のスマートフォンのバッテリー消費が激しくなることもあります。

このようなリスクを考慮すると、アプリをダウンロードする際の注意は非常に重要です。

偽アプリのリスクへの対策

偽アプリの問題は、現代のデジタル社会において無視できないリスクとなっています。

特に、ChatGPTのような人気アプリには、その名前を悪用した偽アプリが数多く存在しています。

これらの偽アプリは、ユーザーの個人情報を盗むだけでなく、デバイスにマルウェアを仕込むなどの悪質な行為を行うことがあります。

私たちはまず、偽アプリを見分けるための具体的な方法を学ぶ必要があります。

また、既にダウンロードしてしまった場合の回避策や、個人情報流出などのリスクへの具体的な対策も知っておくと安心です。

ここでは、これらの対策方法を詳しく解説していきます。

偽アプリを見分ける方法

偽アプリを見分けるための方法は、ユーザーの安全を確保するための重要なステップとなります。

以下に、具体的な見分け方を挙げます。

  1. アプリ名の確認
    正規のアプリ名は「ChatGPT」です。しかし、微妙に名前が変わっている、または似たような名前のアプリは注意が必要です。例えば、「ChatGPT Pro」や「ChatGPT Plus」など、公式アプリ名に追加の言葉がついている場合、それは非公式のアプリである可能性が高いです。
  1. レビューと評価のチェック
    アプリのレビューと評価を確認することで、他のユーザーの実際の使用経験を参考にすることができます。特に、低評価のレビューには注意を払い、その内容を確認することで、アプリの問題点やリスクを把握することができます。
  1. 開発者の確認
    アプリの詳細ページに記載されている開発者情報をチェックします。公式のChatGPTアプリは「OpenAI」という開発者名でリリースされています。異なる名前の開発者からリリースされているアプリは、偽物の可能性が高いです。

これらの方法を組み合わせることで、偽アプリを効果的に見分けることができます。

ユーザー自身の安全を確保するために、これらの方法を常に心がけてアプリをダウンロードするようにしましょう。

偽アプリダウンロードの回避策

偽のChatGPTアプリをダウンロードしないための回避策は、ユーザーのデジタルセキュリティを確保する上で極めて重要です。

以下に、具体的な回避策を挙げます。

  1. 公式ストアで正確な名称を入力
    ChatGPTアプリは、iOS版、Google Playのどちらからも提供されていますが、ポイントは、「ChatGPT」と正確な名称を打ち込むことです。これ加えて「OpenAI」と開発者を確認し、ロゴが一致していれば本物です。
  1. 信頼性の高い情報源の利用
    アプリのダウンロードリンクや情報を取得する際には、信頼性の高い情報源を参照することが重要です。例えば、専門家や公式な情報提供元が推奨するリンクを利用することで、安全にアプリをダウンロードすることができます。
  1. アプリストアの評価やレビューを確認
    アプリストアにおけるユーザーの評価やレビューは、アプリの信頼性を判断する上での参考情報となります。特に、多数の低評価やネガティブなレビューが存在する場合、そのアプリのダウンロードは避けるべきです。公式ChatGPTアプリ以外のアプリに興味がある場合には、十分にチェックすることをおすすめします。

これらの回避策を実践することで、偽アプリのダウンロードリスクを大幅に減少させることができます。

ユーザーの安全を確保するために、これらの方法を常に心がけてアプリをダウンロードするようにしましょう。

個人情報流出などのリスクへの具体的な対策

偽アプリのリスクは、単なるアプリの不具合や機能の欠如だけでなく、個人情報の流出やマルウェアの感染といった深刻なセキュリティ上の問題を引き起こす可能性があります。

以下に、これらのリスクを最小限に抑えるための具体的な対策を挙げます。

    1. アプリのパーミッションを確認
      アプリをインストールする前や使用する際に、要求される権限を常に確認しましょう。例えば、テキストチャットアプリがカメラやマイクのアクセス権限を要求する場合、それは不適切な権限要求の可能性があります。不必要な権限を要求するアプリは、偽アプリの可能性が高いため、インストールを避けるか、詳細な情報を調査してから判断することが重要です。
    1. セキュリティソフトの導入
      スマートフォンやタブレットにセキュリティソフトを導入することで、マルウェアやスパイウェアの感染リスクを低減することができます。定期的にデバイスのスキャンを行い、最新のセキュリティアップデートを適用することで、不正なアプリからの攻撃を防ぐことができます。
    1. ユーザーレビューや評価を確認
      アプリストアにおけるユーザーレビューや評価をチェックすることで、そのアプリの信頼性や問題点をある程度把握することができます。特に、新しいアプリやダウンロード数が少ないアプリの場合、他のユーザーのフィードバックを参考にすることが有効です。

    ChatGPTアプリの活用方法

    ChatGPTアプリは、さまざまなシーンでの活用が期待されています。ここでは、具体的な活用方法について詳しく解説します。

    アプリ版の具体的な使い方

    ChatGPTアプリは、直感的なテキスト入力ボックスを介してユーザーとの対話を実現します。

    質問や要望を入力すると、AIが瞬時に応答を返してくれます。

    さらに、設定画面からは、応答の言語や詳細度、テーマカラーなどのカスタマイズが可能。これにより、ユーザーのニーズや好みに合わせた体験を提供します。

    LINEやX(旧Twitter)などに投稿する感覚で、聞いてみたいことしてほしいこと、とりあえず何でも入力してみると、何かが始まりますので、とりあえず、打ち込んでみることが大事です。

    PC版とアプリ版の使い方の違い

    PC版のChatGPTは、ブラウザを介しての利用が主となります。

    これに対し、アプリ版はスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス専用のインターフェースを持ち、移動中や外出先でも手軽にAIとの対話を楽しむことができます。

    アプリ版の特長として、オフライン環境での一部機能の利用や、モバイルデバイスの機能との連携が挙げられます。

    一方PC版の特徴としては、ブラウザの拡張機能を利用して、音声入力、音声読み上げなど、機能の拡張性があげられます。

    実際の活用事例の紹介

    メールの返信文面を考えてもらう

    ビジネスシーンでのメールのやり取りは、効率的なコミュニケーションを求められる場面が多いです。

    ChatGPTを活用することで、受信したメールの内容に基づき、適切な返信文面の提案を受け取ることができます。

    これにより、メールの返信時間を大幅に短縮し、他の業務に集中することが可能となります。たとえば…

    • ビジネス関連のメール返信

    プロンプト:

    メールの返信文面を作成してください。
    内容は、ビジネス関連で、先日受け取った提案資料に対する感想と、次回のミーティングの提案を含めてください。
    宛先は山田様、差出人は佐藤太郎とします。
    • 友人への感謝のメール返信

    プロンプト:

    友人への感謝のメール返信文面を作成してください。
    内容は、先日の誕生日サプライズに対するお礼と、次回の食事の提案を含めてください。
    宛先は鈴木さん、差出人は高橋美咲とします。
    • 問い合わせに対するカスタマーサポートのメール返信

    プロンプト:

    カスタマーサポートとしてのメール返信文面を作成してください。
    内容は、ユーザーからの問い合わせに対する返信で、システムの一時的な不具合による問題の説明と、修正作業中であることを伝えるものとします。
    宛先は田中様、差出人はABC社 カスタマーサポートとします。

    瞬間英作文の問題作成

    英会話力向上のために、日々アウトプットすることがとても重要です。

    ただ、テキストを音読したり、シャドーイングを習慣としていたとしても、「言いたいこと」を英語にする訓練をしなければ、実際に目の前で英語を話さなければならない場面に遭遇した時、とっさの一言が出てきません。

    日頃から「言いたいこと」を英語にする練習が必要ですが、何が正しい英語かわからない…。

    そんな時にChatGPTが大活躍します。

    プロンプト:

    これ以降入力するすべての日本語を、ネイティブが使う自然な英語に翻訳して

    とだけプロンプトを設定しておけば、あとは、そのチャットに、「これ、英語でなんていうのかな?」と思った時の「とっさの日本語」を打ち込めばいいだけです。

    営業マンのトーク壁打ち練習

    営業マンは、顧客とのコミュニケーションにおいて、適切なトークスキルが求められます。

    ChatGPTを活用することで、さまざまなシナリオに基づいたトークの壁打ち練習を行うことができます。

    AIとの対話を通じて、反応やフィードバックを受け取りながら、より効果的なコミュニケーションスキルの向上を目指すことができます。

    より詳細な情報を与えておけば、とてもリアルなシミュレーションができるでしょう。

    旅行計画や日程の提案と表で出力

    旅行の計画を立てる際、多くの情報を整理し、効率的な日程を組むことが求められます。

    ChatGPTに旅行の目的地や滞在期間、希望するアクティビティなどの情報を伝えることで、最適な旅行計画を提案してもらうことができます。

    仮に一度で理想のプランが出力されなかったとしても、60点くらいの出来栄えでも、何度も提案してもらっても、ChatGPTは嫌な顔をしません。

    使い倒して、ベストプランを作り上げてみてください。

    ちなみに、提案された日程を表形式で出力する機能も利用可能でとても便利です。

    Excel関数お手軽レファレンス

    Excelはビジネスシーンで頻繁に使用されるツールであり、多くの関数や機能を持っています。

    ChatGPTを活用することで、特定の関数の使い方や例、関連する関数などの詳細情報を瞬時に取得することができます。

    「条件付き書式を使って、重複したセルの色を変える関数って、なんだっけ?」

    記憶があやふやな状態でも、断片的な情報しか言葉にできなくても、ChatGPTを活用すれば、ズバリその回答を出力してくれたりします。

    これにより、Excel作業の効率化やスキルアップを実現することができます。

    まとめ:ChatGPTの偽アプリに注意 して、公式アプリを見分けよう!

    ChatGPTの人気が高まる中、偽のChatGPTアプリがアプリストアに増えてきています。

    これらの偽アプリは、公式のChatGPTの名前やロゴを不正に使用しており、ユーザーを誤認させる可能性があります。

    偽アプリには、OpenAIのAPIを利用しているものもあれば、全く関連性のないものも存在します。

    公式のChatGPTアプリを安全に利用するためには、アプリのダウンロードや利用前に、開発者情報やアプリの詳細をしっかりと確認することが大切です。

    ChatGPTの本物のアプリを活用して、新時代の言語表現の新たな可能性を体験してください。

    ChatGPT導入研修教材のご案内

    今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

    ✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
    ✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
    ✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

    詳細はこちらの特設ページから。
    助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Random Image

    コメント

    コメントする

    目次