Google Bardを活用しビジネスの新戦略に挑む!~GoogleBardでSEO対策~

今、生成AIという言葉をよく耳にすると思います。

その中でもよく聞くのが「ChatGPT」ではないでしょうか。

そもそも生成AIとは何か。

私たちに役に立つものなのか、どんな利用価値があるのかと様々な思いがあるのではないでしょうか。

自分の代わりに生成AIを利用するのではなく、生成AIを活用し様々な発展に寄与していけるようになるのが理想ではないでしょうか。

ここではビジネスの新戦略として活用できるかをご紹介します。

目次

生成AI 「GoogleBard」は優れているのか

生成AIとは何か!どんなものがあるのか

生成AIとは、画像や文章、音声、プログラムなどのコンテンツをAIが自動的に生成する技術のことです。

「ChatGPT」以外にもいろいろあります。

例えば、

「Microsoft 365 Copilot」

マイクロソフト社が提供する生成 AIです。Copilot(コパイロット)は副操縦士という意味です。

ExcelやWordで業務効率化ができるため、テキストの作成、メールの返信、プレゼンテーション資料の作成などに優れています。有料でまだ日本語版はありません。

「Bing」

こちらもマイクロソフト社が提供しています。

ウェブ上にある最新情報を人間の代わりにAIが検索しながら質問に答えてくれる検索エンジン機能として優れています。

「Notion AI」

NotionはNotion Labs社が提供するサービスです。

テキストの作成やデータベース、スケジュール管理やタスク管理など、Notionで文書作成をする際にAIがサポートをしてくれます。ビジネスツールとしては優れていますが、無料で使えるのは20応答までとなります。

「Adobe Firefly」

PhotoshopやIllustratorのAdobeが開発した画像生成AIとして注文されています。

Adobe Fireflyを使えば数秒で画像を生成することが可能で、画像編集や動画編集などの現場で高いシェアを誇っています。

ここに上げた生成AIは一部分です。

ご自分の用途に合ったものを見つけ活用することをおすすめします。

そして今ChatGPTと並ぶ勢いで注目されてきているのが、

GoogleBardです。

それについては、次でご紹介させていただきます。

GoogleBardのメリット・デメリット

GoogleBardとは、Google社が開発した対話型AIです。

使い方はChatGPTと同じように、メッセージにリクエストを入れることで、それに応えてくれます。

ChatGPTは無料版と有料版があり、無料版の場合は新しい情報で回答してもらえないデメリットがありますが、GoogleBardはすべて無料で最新の情報で回答をしてもらえます。

またアプリをダウンロードすることなく、ブラウザ上で使えるという便利さもあります。

Google Bard:https://bard.google.com/

GoogleBardを使うメリット

なんといっても強みは検索機能です。

Googleだからこその検索で最新の情報から、情報更新や新しいトピックについての詳細な説明を得ることが可能です。

また、Googleアプリとの互換性の良さもメリットの一つです。

瞬時にGoogleドキュメントやGmailに反映させることができます。

検索エンジンにも強いため、検索機能を利用し、Webページの内容の要約や複雑なテーマを理解するサポートも得意とします。

音声入力でも使え、1つの質問に複数の回答をしてくれます。

GoogleBardを使うデメリット

すべての情報はリアルタイムではないことがあったり、

間違えるときもあるので、注意が必要です。

またChatGPTで調べたことが履歴として残すことができましたが、

GoogleBardではそれができません。

ただ面倒ではありますが、Googleドキュメントに保存したりとひと手間かければ履歴を残すことができます。

GoogleBardに限らずですが、生成AIに頼りきるということは避けた方がいいです。あくまでも私たち人間のサポートをすることが役目と思い、それぞれメリット・デメリットを知った上で活用していきましょう。

GoogleBardをどう活用することができるか

GoogleBardでできること

先にGoogleBardのメリット・デメリットをお伝えしましたが、

ここでは、その中でさらに何ができるのかをお伝えいたします。

GoogleBardは、2023年7月にやっと40か国語以上の言語に対応できるようになりました。

そのためビジネスでの新戦略にも期待できます!

まずは外国語の翻訳機能が充実していることです。

グローバルな戦略をするためには重要な機能です。

なんといってもGoogleBardはGoogleアプリと互換性が良いので、

今まで使っていたGoogleアプリの延長線で、様々な活用を考えていくことができます。

Web上の文章の要約や解説ができるだけでなく、

回答スタイルを

  • 「短く」
  • 「長く」
  • 「簡潔に」
  • 「砕けた感じ」
  • 「より専門的に」

5つのスタイルから選び調整することができるのも強みです。

また音声ツールを使え、会話を他のユーザーと共有できたり、

Googleレンズの画像認識機能の導入で、画像でのアップロードもできるため、今までより効率的な会議や打ち合わせができるようになるでしょう。

GoogleBardはまだ開発が進んでいます。

さらにより使いやすくなり、どう使うかで新たな戦略を仕掛けることができるのではないでしょうか。

GoogleBardを使えばSEO対策もバッチリ!

ビジネス戦略の1つとして、SEO対策も重要です。

ではSEOとはいったい何でしょうか。

SEOとは、Search Engine Optimization=検索エンジンの最適化の略です。

みなさんが検索エンジン(GoogleやYahoo!など)で調べる時に、検索をかけると、たくさんのサイトが並んで出てきます。その中でまず上位を開きませんか?

つまり、ホームページやブログなどを一生懸命作っても、多くの人の目に触れてもらうためには、検索した時に上位である必要があるのです。

そのようなことからも、SEOを行うことにより、効率的に集客ができたり、検索結果の上位に表示されているサイトは信頼できると思われるためイメージアップにもなります。

検索エンジンは、検索結果をどのような順番で表示するかは独自の判断基準を持っています。

そのため、その判断基準に近づけられるようにしなければ上位には表示されません。

だからこそSEO対策は重要なのです

みなさんは検索をする時にどの検索エンジンを使いますか?

「Google」「Yahoo!」「Bing(ビング)」など国によっても様々な検索エンジンがあります。

その中でも断トツのシェアを握っているのは「Google」です。

そこでGoogle社で開発したGoogleBardがSEO対策で活躍するのです。

ここでは簡単に説明しますが、SEO対策で重要なのは検索キーワードになります。

みなさんがどの言葉でよく検索をするのか、それがキーワードとなり、その言葉が入るタイトルや内容をホームページやブログなどに入れることで、検索をした際に上位にあがりやすくなります。

GoogleBardはGoogle社が提供している検索エンジンからリアルタイムに情報収集ができるため、容易にキーワード抽出ができるのです。

さらには先に述べたように検索エンジン独自の判断基準があるため、多くの利用者がいる「Google」で情報収集ができるGoogleBardを活用すれば上位にあがる可能性が高いのです。

またGoogleBardはGoogleから情報を収集するため、SEO記事の作成において、Googleから情報を収集ができ、短時間で大量の文章を作成することができます。

Googleで検索をする人が多い今、GoogleBardはSEO対策にバッチリのです。

ビジネスでも活用できるGoogleBardでの新戦略

GoogleBardをビジネスでどう使う?

今、生成AIがビジネスにどのように活用できるかも注目されています。

その中で、GoogleBardはどう活用できるでしょうか。

考えられることをいくつかあげてみたいと思います。

共有機能

GoogleBardは質問の回答をテキストだけでなく表なども生成することができます。それらの内容をコピーをして貼り付けるなどせずに、共有機能があるので、他の人へ正確に伝え共有することができます。

分析

Googleアプリと互換性が良いことを活用すれば、様々な分析からビジネスへの活用も可能です。

例えば、店舗の来客の分析(年齢や性別など)を客観的にデータ化することで、売上アップに繋げられます。

降水量や気温の変化などの分析から、農業での生産量の予測にも役立てられることでしょう。

分析は様々な方面で活用価値があります。

レコメンド機能

こちらもやはりGoogleの検索エンジンを利用する人が多い今、ユーザーの閲覧履歴や購入履歴などを元に、類似した商品や同じ傾向の商品をおすすめをすることなど、多方面でのレコメンドでの活用もできます。

これでビジネスの新戦略へ挑む

さらに、Google Bardを活用しビジネスの新戦略に挑むことができるでしょうか。

まずは先にも述べたようにGoogleBardでのSEO対策ははずせません。

改めてなぜSEOが重要なのか 

  • インターネット上で集客ができる
  • 広告費用を抑えられる
  • 知名度があがる
  • ターゲットが集められる

これは1つの新戦略です。

こちらから出向くのではなく、関心を持った人に出向いてもらえるような戦略にSEO対策としてGoogleBardを活用してみてください。

ブログをたくさんあげたり、ホームページの内容を頻繁に変更したりすることで、検索した時に上位にあがるようにもなります。

またAIに期待されることが、人材不足と言われている今、AIを活用することで、効率化が考えられます。

例えば、

  • 言語翻訳
  • 文章要約
  • 対話システム
  • 自動校正や文章生成など、
  • 報告書や議事録の作成
  • 説明資料の要約とFAQ作成
  • 会議の音声を自動で文字起こし
  • 営業戦略の策定・強化

これらのことが、GoogleBardはプラウザー上で、すべて無料で利用できるのです。Google Bardを活用しビジネスの新戦略に挑むことができることでしょう。

まとめ : GoogleBardを活用してビジネスの新戦略に挑もう

生成AIは今はまだ発展途上ではありますが、日々開発が進み、より良きものとなっていっています。

「Google」が使われることが多い今、Google社で提供をしているGoogleBardは、より一層おもしろい生成AIになるのではないかと期待できます。

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、外国語の翻訳機能、対話システム、Web上の文章の要約・解説など様々な使い方がGoogleBardにはあることをご紹介しました。

その中でもビジネスの新戦略にGoogleBardを活用するという考えをいち早く持っていただきたいです。

その新戦略はSEO対策にとどまることなく大きな可能性を持っていることでしょう。

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次