AIを使ったコンサルを導入することで業務効率化することができる?メリットやデメリットについても詳しく解説

AI(人工知能)を使ったChatGPTやWindows Copilotなどが話題となっていますが、業務効率化を図るAIコンサルが注目されています。

AIを活用することで人材不足や時間外労働の減少など企業が抱えている問題を解消できますが、AIコンサルの導入に関する情報が少なく専門的な知識が必要なことから簡単に導入することができないという企業も多いと思います。

今回は、AIコンサルが効率化できる業務や導入した場合のメリット、デメリットやポイントについて詳しくご紹介したいと思います。

目次

AIを使ったコンサルって何する?

AIは人間の知能を模倣するコンピューターやソフトフェアで、最近ではChatGPTをはじめとしたAI技術でさまざまな業務で発生する疑問点や問題点を解決して業務効率化を図るAIコンサルも登場しています。

AIコンサルにより、業務の効率化や今までできなかったことが実現できるようになったことで、新たなビジネスを生み出すなど企業によって大きな利益となるでしょう。

導入した場合効率化できる業務

AIによって現在の仕事の大半が奪われていくとも言われております。つまり、AIを導入することで人間と同等もしくはそれ以上の働きをすることが可能となるため、仕事を効率化することができます。

AIコンサルを導入した場合に効率化できる業務について、以下の業務をご紹介いきたいと思います。

  • 問い合わせ対応業務
  • 営業業務
  • 人事業務
  • 物流業務
  • 製造業務
  • 設備の保守業務

問い合わせ対応業務

ヘルプデスクなどのコールセンターでは、オペレーターとの電話対応ではなく、AI のチャットボットという人口会話プログラムで対応することができます。

営業業務

営業職員の営業トークの内容や表情などを AI が判定し、改善点などの指摘もおこなってくれるため、効率的に対応のスキルを向上することができます。

人事業務

過去の経歴や評価を AI で管理し確認することで人事評価や人事異動を効率的におこなうことができます。

物流業務

物流倉庫ではロボットにより、商品の保管だけではなく、商品の入庫から検品、仕分け、梱包など自動化され、作業スピードの効率化や人員削減をすることができます。

製造業務

工場の製造ラインなどでAIにより不良品を判別して仕分けることが可能となり、精度や速度が向上し効率化することができます。

設備の保守業務

AIによりコンクリートの表面のひび割れを検知することが可能であり、メンテナンスや点検作業を効率化することができます。

 

コンサル業界では、労働力不足や人材不足、業務の量が多い、働き方改革やDXの推進などが課題となっています。それぞれの課題について詳しく解説して行きたいと思います。

AIコンサルのメリット・デメリット

AIコンサルを導入するにあたり、メリットとデメリットを把握し、運用に適したものか確認しておく必要があります。

AIコンサルの代表的なメリットとデメリットについてご紹介したいと思いますので参考となると幸いです。

AIコンサルのメリット

AIコンサルのメリットして、人と同レベルやそれ以上の作業を AI がおこなうことができることから以下のようなものが挙げられます。

  • 業務効率化
  • 人件費削減、人材不足の解消
  • 負担削減

それぞれのメリットについて解説していきたいと思います。

業務効率化

人が作業すると膨大なデータから必要な情報を探す作業や手作業でおこなう細かい作業で多くの時間を取られますが、AIを導入することで自動で人よりも早く作業をおこなうことができるので業務を効率化することができます。

人件費削減、人材不足の解消

人を雇って作業をおこなうためにはそれに対する対価を支払う必要があり、人件費が必要となります。作業が多いとそれをおこなうための多数の人員や残業が発生した場合は残業代を支払う必要があり、人件費も多くかかります。

AIコンサルを導入により人に代わって作業をおこなうことができるため、その作業にかかっていた人件費を削減することができます。

また、きつい仕事だとすぐに退職する人が多く、なかなか人材を確保できないこともありますが、AIコンサルを導入することで人材を確保せずとも作業をおこなうことができ、人材不足の解消にも繋がります。

負担削減

人件費を削除するためにも想定よりも少ない人数で業務をこなす必要があることで残業が多くなり、サービス残業をおこなっている企業などもあります。

AIコンサルを導入することで人がおこなう業務を減らすことができますので、作業負担を減らすことができます。

AIコンサルのデメリット

AIコンサルを導入することでご説明したようなメリットがある反面、以下のようなデメリットもあります

  • コストがかかる
  • 理解度が低い、広まっていない
  • 導入方法が不明
  • 具体例がない

それぞれのデメリットについて詳しくご紹介します。

コストかかる

AIコンサルを導入や維持するためにはコストがかかります。AI導入にあたり、システムの入れ替えにかかるコストやAIを管理するためにAIの知識に長けている人材の確保が必要となりますので、その分の人件費のコストが発生します。

理解度がまだ低い、広まってない

AIコンサルの導入するにあたり、AIがどういうものか理解する必要がありますが、世間的にまだ情報が広まっていません。そのため、企業で導入するにあたり理解度が低いため、導入までに至らないことが多いです。

導入方法が不明

企業内でAIコンサルを導入しようとしても情報が少ないこと専門的な知識が必要となるため、実際にどのように導入するか不明であり、導入することができません。

具体例がない

企業でどういうシナリオでAIコンサルを導入すればいいかの具体例が少ないため、実際に企業でAIを導入する必要があるのか判断することが困難であります。

AIコンサルを導入する時のポイント

AIコンサルを導入する前に企業にとって本当に必要なものであるかどういうことを気を付けなくてはいけないかなどポイントとして以下の内容をご紹介したいと思います。

  • AI導入の目的・ゴールを明確にする
  • 会社のデータ管理
  • 全てをAIに任せない
  • AIツールの適切な運用・改善を行うために専任の人材を配備

AI導入の目的・ゴールを明確にする

企業でAIを導入する前になぜ導入する必要があるのかやどういったことをしたいかなどの目的やゴールを明確にしておく必要があります。

会社のデータ管理

AIコンサルを導入して会社のデータ管理をおこなうにあたり、サイバー攻撃などによる情報漏洩が懸念されます。そのため、セキュリティ対策をあらかじめ講じておく必要があります。

全てをAIに任せない

AIコンサルを導入することで業務を効率化することができますが、全てをAIに任せることで社員の能力の低下AIに問題が発生した場合に業務を停止しないといけなくなる恐れがあります。

AIツールの適切な運用・改善を行うために、専任の人材を配備

AIを利用する際の懸念事項としてAIに問題が発生した場合に業務に影響が出るため、適切な運用や問題が発生した場合に迅速に改善することができる専任の人材を配備しておく必要があります。

まとめ:AIコンサルを導入することで業務効率化することはできる

AIコンサルを導入することで業務効率化できるかについて解説してきましたが、大部分の業務では効率化することが可能です。

ただし、デメリットを把握しておくことや専門的な知識を持っている人材を確保しておく必要があると思いますので、しっかり準備をしたうえでAIコンサルを導入することをおすすめします。

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次