ChatGPTでビジネスを行う上での心構えと便利な活用法

今回はChatGPTをビジネスで使う際の心構えをお話したうえで、実はあまり使われていないものの、使えるとかなり実用的な、ChatGPTの使い方もご紹介できればと思います。

近年はChatGPTの使われ方もいくつか見つかってきており、使用者も増えてきております。

その一方で使い方を間違えてしまったり、上手く使う事ができず、上手くビジネスとしての使用ができていなかったりする方も多く見受けられる事が増えてきております。

今回はそのような方に向けて、ChatGPTをビジネスで使う上で必要になってくる考え方、意外と知られていないが、使えると非常に有益なビジネスチャンスに繋がりやすい使い方を紹介していこうと思います。

目次

ChatGPTを使う上で必要な心構え

早速ですがChatGPTを使う上で必要な心構えについてお話していこうと思います。

ChatGPTを使う上でよくあがる話として、「返ってきてほしい答えが返ってこない」という内容や、「書いてある内容が間違っている可能性がある」というものが出てきます。

これは実際に私自身も使っていて十分に感じる事はあります。しかし、これは使い方の問題というよりも、考え方の問題であるケースが非常に多いと思います。

そのため「今回はこのような考えを持っておくと良い」と思うポイントをいくつかお伝えできればと思います。

「AIが自分より優れていて、自分の知らないものを全て知っている」とは思わない

これがChatGPT、ないしはAI関連のものを使う上で、本当に大事な考え方になってきます。

AIの学習機能が優秀である点や、高度でほとんど違和感のないレスポンス機能の部分を目の当たりにして、「自身の持っている知識や技術以上の事を行ってくれるのではないか」というように考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

これは半分正解とも言えます。実際、ChatGPTはGPT-3.5からGPT-4になったタイミングでも知識量の部分や物事に対する正確性の部分は高くなりました。

ただし、AIの方が優れていて自分の知らないものも全て知っているからといって、行いたい事の全てをChatGPTを含めたAIツールで行ってくれるとは思わない方が良いでしょう

なぜなら、そのような高度な文章を制作してくれたとしても、一度添削や校正をする必要はあります。

特に人前で見せるために作るデータの場合は、一つの間違いが使用者本人の嘘に繋がりかねないこともあります。

またChatGPTに関していえば、チャット機能を使ったリアルタイムでの学習を行う事も上手く使う上で大事な要素の1つとなってきます。

当然ですが、学習を行わせるという事は、自分自身の中でも明確なイメージを持っている必要があります。

これらの事を考えても、ChatGPTが作業してくれるからとはいえ、自分が無知であってはいけないという事はお分かりいただけるかと思います。

そのため、まずは「自分が対応できる部分や知っている範囲を担当させる」か、「変更や修正などを行っても全く問題ない」ものをChatGPTに依頼するという認識でいると良いでしょう。

少なくとも自分が対応や修正加筆が難しいものをChatGPTに依頼するのは、特に初期のうちは控えましょう

使用者が作成しChatGPTがサポート、またはChatGPT作成し使用者が修正

ChatGPTの使い方として、下記2点のスタンスで取り組むことが基本となります。

  • 使用者がメインになって作成したもののサポートをChatGPTに行わせる。
  • ChatGPTが作成したものを使用者が修正加筆する。

これも前項で話した内容の応用になります。

基本的にChatGPTに作成をさせるとしても、使用者自身が必ず加筆修正を行う必要があるという事は、何かしらで文面に関して使用者もリアクションをとる必要があります。

そのため、ビジネスでの使用を考えた際は、「使用者がメインとなって活動して、ChatGPTにサポートを行ってもらう」か、「ChatGPTがメインとなって活動して、使用者がサポートを行う」かのどちらをイメージして行うのが良いでしょう。

前者の代表例となるビジネスとしての使用は、「添削加筆」でしょう。まず使用者自身が文章を作成し、それをChatGPTに添削を依頼し、文面の修正を行ってもらうというものです。

このような使い方であれば、先程述べたようなChatGPTに一任する事も無く、かつ有用な使い方ができるでしょう。

後者の代表例が「定型文の作成」です。

例えばChatGPTでは工事現場の看板で使用される文章や、旅行計画書などのような、比較的定型の文章が使われがちなものを作成するのは非常に得意な分野であると言えます。

このような文章に関してはChatGPTにガンガン作成させ、修正が必要な部分が出てきたら、そこを使用者が修正すれば良いでしょう

このように、どちらがメインで作成を行い、どちらがサポートのような動きをすべきなのかというのを考えながら行うと、非常に便利に使えると言えるでしょう。

修正点があれば何度も修正し、文章を作成する際に具体性の高いものを提示する

ChatGPTを使用している人の中には、一回目に回答してきた内容を見て「思った内容のものが出てこないから使えない」と考える人もいますが、決してそうではありません。

むしろ、使用者自身が上手く希望する内容を伝えられていない可能性も考えられます。

そのため、要望を記載するだけでなく、どのような人に向けて発信するものなのか、どの程度の量のものを発信したいのか、という部分は明確に記載する事は大切になります。

特に有名なものとして、同じ要望を行ったとしても、その要望の後に「小学生にもわかるように」という一言を付け加えるだけで、全く異なる形で文章が作成されます。

そして、非常にわかりやすくかみ砕いた内容が返ってきてくるようになります。

このようにたった一言付け加えるだけで、ガラッと文体が変わるというのは覚えといた方が良いでしょう。

意外と知られていないが、とても便利な使い方3選

ここからはあまり知られていないものの、上手く使う事ができれば非常に効果的な使い方3選を紹介していこうと思います。

1.スケジュール管理

1つ目はスケジュール管理です。特にこれは普段からマルチタスクで長時間の作業を行う事の多い人に向いている使い方になります。

1日の「睡眠時間」、「特定の作業の予定時間数」、「休憩」や「就業時間」などの指定を行う事で、独自にスケジュールを組んでくれるというものです。

1つ目のメリットは、ChatGPTでスケジュールを組む事により「スケジュールを考えるという部分に重きをおきすぎなくて済む」という点です。

スケジュール管理をする上で、修正が必要になったり、内容を追加したいとなった時には、スケジュールの部分調整が必要になる事もあります。

時には一から考える必要が出てきてしまう事もあります。

しかし、そのような部分で時間を割く必要が無いというのが、ChatGPTでスケジュールを組むメリットになってきます。

2つ目のメリットは「一部修正がとてつもなく楽」という点です。

特にスケジュール作成をする上で、時間変更や時間増減という部分を比較的自由に行えるというのはとても重要になってきます。

ChatGPTで作成をすればその点もそこまで苦労はしませんし、時間変更などの融通も効かせやすい部分がかなり多いというのがあります。

以上の2つがChatGPTでスケジュール管理を行うメリットです。

2.プログラミングコードの修正

プログラミング言語の部分に関しても、最新のコードなどでなければある程度対応ができるため、一度記載したコードを修正するという使い方もChatGPTでは行う事が可能です。

特にプログラミング言語を使用したコードは、一度作成するというのは簡単である場合が多いです。

そして、どちらかというと「上手く作動するか」という部分や「作動しなかった場合に修正を上手く行えるのか」という部分が難しい事の方が多いのです。

なぜならコードも基本的には文字ベースで作成されており、また一文字違うだけで上手く機能がしないため、人間の力で修正するのは非常に難しいのです。

ChatGPTにコードの修正を行ってもらう事で、「どの部分が間違っていて、どのように変える必要があるのか」という部分を人間の力だけで行う必要が無くなります。

そのことで一気に負荷も減り、ミスも減りやすくなります

当然、ChatGPTでコードの修正を行う上で、使用者の方にも知識の部分は必要になってきます。

しかし、その点があったとしても労力がかなり少なくなるので、導入を考えるのもとても良い判断なのではないかと思います。

3.実際の話をモデルにしたフィクション作品の作成

これはクリエイティブな活動を今後送っていきたいという方には非常におススメの使い方です。

実話をモデルにした作品というのは比較的ChatGPTも得意にする部分で、特にあらすじのような軸となる部分を作成するのが得意です。

また、キャラクターの性格やプロフィールなどを作成させるというのもとても良い使い方と言えるでしょう。

これは可能であれば歴史的背景の強い実話の方が濃い内容のものが作りやすいという点と、歴史的な観点から見ても不明な部分が多い内容の方が良いと考えます。

なぜなら歴史的な観点から見て明瞭な部分が多ければ多いほど、フィクションと事実の部分で差が出やすくなってしまうからです。

そのため、読み手を困惑させてしまうような作品になりかねないからです。

ただし、歴史の中でも日本の戦国時代や中国の三国時代のように、現在も研究が進んでいる内容をモデルにすれば、フィクションとして作品を作成しても問題ないと思われます。

当然、こちらも使用者が知識をある程度持っておく必要は当然ありますが、このような使い方もできるという部分に関しては参考にしていただければと思います。

まとめ:ビジネスでChatGPTを活用するポイント

最後にビジネスでChatGPTを活用するポイントをまとめました。

  • ChatGPTが自分の知らない事を全て行ってくれるという認識は持たない事が重要。
  • 使用者とChatGPTのどちらがメインで動き、どちらがサポートの役割を行うのか考えて使う事ができると使いやすい。
  • 「スケジュール管理」「プログラミングコードの修正」「実際の話をモデルにしたフィクション作品の作成」などでもChatGPTを使う事ができる。

もちろん、ChatGPTの利用はこれらの例に限りません。ビジネスの現場でのニーズに応じて、柔軟にカスタマイズして活用することが求められます。

使いこなせば、業務の効率化はもちろん、新しい創造的な発想の源泉ともなり得るでしょう。

最終的には、ChatGPTと使用者との協働が、次世代のビジネスを形作る重要な鍵となるかもしれません。

ChatGPTを駆使して、より多角的な視点でビジネスに取り組みましょう。

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次