Salesforceが新AIツールでビジネスを革新【記事紹介】

皆さん、こんにちは!モモです♪ 今日はとってもワクワクするニュースをシェアします!

Salesforceが日本に「Einstein 1 Studio」と「Data Cloud」という新しいAIツールを導入したんです。

簡単に言うとこれは企業がもっと賢く、もっと速く仕事を進めることができるようになる魔法のツールなんだ。CRMアプリにAIを取り入れることで、いろんな作業がラクになるってわけ

これからどんな素敵な変化が待っているのか一緒に見ていきましょう!

モモちゃん
Salesforceっていう会社がAIを使って働き方をもっと便利にするツールを作ったんだよ。これで、会社の人たちがお客さんのことをもっと良くわかるようになるんだ。
タロウ君
えっ、AIがそんなことまでできるのかにゃ?すごいにゃ!
目次

Einstein 1 Studioの魅力を解き明かす

モモちゃん
Einstein 1 Studioっていうのは仕事をする上で超役立つAIツールなんだよ。操作も簡単だから、誰でも使いこなせるんだ。
グリ姉さん
へぇ、それは便利そうね。でも、どうやって使いこなすのかしら?

Einstein 1 Studioは、Salesforceが提供する新しいAIツールで、特に会社の中で使われるCRMアプリケーションに革新をもたらします。

このツールは、簡単操作でカスタマイズ可能なのが大きな特徴。誰でも少ない労力で自分たちのビジネスに合わせたAI機能を組み込むことができます。プロンプトビルダーやモデルビルダーを使えば、AIが必要な情報を正確に理解して作業を助けてくれるんです。

これにより、業務プロセスにAIをスムーズに組み込むことが可能になり、日々の作業が格段に効率的になりますよ。

簡単操作でカスタマイズ

Einstein 1 Studioはとっても使いやすいのが一番の魅力です。難しいプログラミングの知識がなくても大丈夫。直感的なインターフェースで、誰でも簡単にAIの機能を自分の仕事に合わせてカスタマイズできちゃうんです。

まるで、自分だけのAIアシスタントを作っているみたい。これってすごくないですか?企業のみなさんは、自分たちのビジネスにぴったり合ったAIを作り出すことができるようになるんですよ。

プロンプトとモデルでAIを形作る

プロンプトビルダーとモデルビルダーっていう機能があって、これがすごく便利なんです。プロンプトビルダーでAIに「こんなことをして」と教えることができます。

モデルビルダーではAIがどのように学ぶかを決められるんです。これで、AIを自分の思い通りにコントロールできるようになります。

仕事にAIを取り入れる方法

Einstein 1 Studioを使えば、AIを業務プロセスに簡単に取り入れることができます。

たとえばお客様の情報を分析したり、営業の仕事をもっと早くできるようにしたり。AIが手伝ってくれるので今まで大変だったことがずっと楽になるんです。これってすごい助けになりますよね。

Data Cloudの新機能

 

モモちゃん
Data Cloudの新機能って、会社が持ってる情報をすごく上手に管理できるようにするんだよ。例えば、お客さんの好きなものがパッとわかるようになったりするんだ。
タロウ君
へぇ、それはすごいにゃ!お客さんのことをもっとよくわかるって、会社にとって大切だよにゃ?

Salesforceが日本で開始したData Cloudの新機能には、ビジネスの可能性を広げるための魅力的な点がたくさんあります。

これらの機能はデータを扱う上での大きな課題を解決し、企業が顧客に関する深い洞察を得られるようにサポートしてくれます。

ハイパースケールデータプラットフォーム

この新機能によりますと、企業は膨大な量のデータを簡単に管理できるようになるそうです。

ハイパースケールデータプラットフォームとは、データがどれだけ増えてもそれを迅速に処理できる能力を持ったシステムのことです。企業が保有する情報量は日々増加しているため、このような強力なプラットフォームが必要になってきます。

データフェデレーションとベクトルデータベース

データフェデレーションとは異なる場所に保存されているデータを、一か所にあるかのように扱える技術のことを指します。これにより、情報の検索や分析が格段に簡単になります。

ベクトルデータベースはデータをより効率的に保存・検索するための新しい方法であり、特に複雑なデータも迅速に扱うことができるようになります。

Einstein Copilot Searchによる迅速な検索

Einstein Copilot Searchは、必要な情報を即座に見つけ出せる機能を提供します。

この機能があるおかげで、大量のデータの中からもまるで賢いアシスタントがサポートしてくれるかのように、欲しい情報をすぐに見つけることができます。これにより仕事の効率が大幅に向上します。

日本市場での影響と展望

モモちゃん
Salesforceの新しいサービスは、日本の会社が顧客のニーズをよりよく理解し、サービスを改善できるようにするんだよ。
グリ姉さん
それは本当に素晴らしいわね、モモちゃん。仕事がスムーズになるっていうのは、どんな会社にとっても大事なことだものね。

Salesforceが日本で新しく始めたEinstein 1 StudioとData Cloudのサービスは、日本の企業にとって大きなチャンスです。この技術を使うことで、会社は顧客のことをもっと深く理解できるようになり、サービスを向上させることができます。

これは、企業が競争に勝つための大切な一歩になるでしょう。さらに、この技術は使いやすく会社のどんな人でも活用できるようになっています。

これにより日本のビジネスの場面でAIがより一般的になり、多くの企業が新しい技術を取り入れることが期待されます。

国内企業への利点

Salesforceの新しいツールは、日本の企業が顧客のデータをもっと上手に使って、顧客に合ったサービスを提供できるようにすることで、大きな利点をもたらします。

例えば、お客さんが何を求めているかをより正確に把握できるようになり、それに応じて商品やサービスを改善できます。これは、企業が成功するための重要な要素です。

信頼性と柔軟性の向上

Einstein 1 StudioとData Cloudは、企業が自分たちのビジネスに合わせてAIを柔軟に使えるようにするだけでなく、その過程で安全性や信頼性も保証します。

これにより、企業は新しい技術を安心して取り入れ、顧客にもその利益を提供できるようになります。

Salesforceの戦略と将来性

Salesforceはこの新しい技術を日本市場に導入することで、日本の企業が国際競争で勝つためのサポートをしています。

これは将来的に日本のビジネス環境に大きな変化をもたらす可能性があり、多くの企業がこの技術を活用することで、新たなビジネスチャンスを見出すことができるでしょう。

まとめ:Claude 3プロンプトの活用で広がる可能性

モモちゃん
Salesforceの新しいAIツールで、私たちの仕事がもっとスムーズに、そして賢く進むようになるんだ。
タロウ君
それって、例えばどんな仕事がラクになるのかにゃ?
グリ姉さん
そうね、たとえば顧客データの分析が速く正確にできるようになって、お客様一人ひとりに合ったサービスを提供しやすくなるわ。それに、毎日の業務がどれだけ効率化されるか楽しみね。

Salesforceの「Einstein 1 Studio」と「Data Cloud」の新機能は、企業が生成AIをより効果的に活用するための道を拓きます。

これらのツールは、信頼性の高いAIプロンプトの作成と顧客データの統合を容易にし、ビジネスプロセスの最適化と顧客体験の向上を可能にします。

日本市場への導入により、Salesforceは企業のデジタルトランスフォーメーションを加速させる重要な役割を果たすでしょう。

もっと詳しく知りたい方は下記ご覧ください。

Ledge.ai

ChatGPT導入研修教材のご案内

今なら厚生労働省認可の「ChatGPT研修教材」が最大75%の助成金対象!

✅ 大企業で導入が進んでいるChatGPT活用を御社にも!
✅ 助成金の申請もばっちりサポート!
✅ 厚生労働省認可の教材なのでクオリティも安心!

詳細はこちらの特設ページから。
助成金が締め切られる前に、今すぐチェック!​

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Random Image

コメント

コメントする

目次